中部大学

中部大学

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急修学支援について

【2020年5月7日更新】お知らせ

在学生および保護者の皆様へ

学校法人中部大学 理事長 飯吉厚夫
中部大学 学長 石原 修

平素より本学の教育活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて新型コロナウイルス感染症拡大と政府の緊急事態宣言を重く受け止め、本学では学生の安全を確保するためには、通常の対面授業に代わる「遠隔授業」の導入が最善であるとの結論から、2020年度春学期は原則として遠隔授業とすることを決定しました。学生の学業修得を第一に考え、教職員一同全力を尽くしてまいります。

本学では国の修学支援制度や日本学生支援機構などによる公的奨学金とは別に、従来より本学が独自に備える、育英奨学金、教育振興資金奨学金、同窓会育英奨学金、貸費奨学金など、給付型・貸与型の奨学金を活用することで、経済的に困窮している学生の支援を行う努力をしております。

しかし、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による環境の変化および家計の急変、あるいは学生アルバイト収入の激減により経済的状況が悪化し、修学の継続が困難な学生が増えてきていることから、本学では新たに下記の緊急支援策を講じることといたしました。

1. 学修環境整備充実支援金の支給

遠隔授業の受講に必要なインターネット環境の整備、周辺機器等の経費負担の軽減など、学修環境整備のための緊急支援として在学する正規の学部生・大学院生全員に一律50,000円を支給します。

2. 貸費奨学金(無利息)の新設

新型コロナウイルス感染症拡大の影響による経済事情の悪化に伴い、家計が急変し学業の継続が困難な学生を支援するため、50万円を上限に無利息で貸与する奨学金制度を秋学期の学費納入に向けて構築します。

※1. 学修環境整備充実支援金の支給、2. 貸費奨学金(無利息)の新設に関する具体的な手続き方法、給付時期等については、追って大学ホームページ等でお知らせいたしますので、個別のお問い合わせはお待ちいただくよう、お願い申し上げます。

3. 名鉄バス中部大学線(中部大学-JR神領駅)春学期定期乗車券の支援

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、春学期が原則遠隔授業となったことを踏まえ、名鉄バス中部大学線の春学期定期乗車券について、通用期間を2021年3月31日まで延長します。また、春学期定期乗車券購入者のうち、秋学期に定期乗車券の購入(利用)予定がない場合は払い戻しをします。

【お問い合わせ】 総務課 0568-51-4672

4. 学費納入期限の延納措置

2020年度春学期分の学費については、「学費延納願」を提出することにより6月30日まで納入期限を延長することができます。

【お問い合わせ】 学生支援課 0568-51-4697  会計課 0568-51-3018

以上

本学は経済的な支援だけでなく、精神的な支援についても一人も残すことなく今後もサポートを続けてまいります。

中部大学の建学の精神は『不言実行~あてになる人間』を育てることです。言い換えると、困難に直面した時に総合的判断のできる『人間力』を身につけることです。

今回の新型コロナウイルス感染症拡大という危機の中にあって、学生の皆さんが多くのことを学び、経験して人間力を磨く機会になることを願っています。

 
 
 

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー