中部大学

中部大学

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う、今後のクラブ活動等について(重要)

【2020年7月23日更新】お知らせ

クラブ活動等公認団体・その他課外活動団体 各位

副学長 杉本 和弘
(教育担当)

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う、今後のクラブ活動等について(重要)

7月上旬以降、新型コロナウイルス感染症の感染者数が増加傾向にあり、7月22日(水曜日)には愛知県内でも64名の感染者が確認されています。また、ホームページでお知らせした通り、本学学生が、検査の結果、新型コロナウイルス感染症の陽性と判定されました。

下記の本学のクラブ活動等に対する方針を団体内で共有するとともに、所属員全員が感染拡大の状況を理解し、引き続き感染拡大防止を徹底してください。

通常のクラブ活動等

  • 現時点で大学として一律の自粛要請を行うものではありません。
  • 手洗い、うがい、マスク・フェイスシールド等着用の徹底、毎朝・夕の検温などの体調管理や活動時の“3密”を防ぐなど、各団体において感染症拡大防止の対策を講じてください。

代表者(学生)は活動前に必ず各所属員の体調確認(風邪の症状や発熱等)を行い、体調不良者の活動を認めないでください。

合宿、遠征等

  • 活動の必要性を十分に検討し、団体ごとに要否を判断してください。
  • 新型コロナウイルス感染症の感染者が増加している地域での活動は控えてください。

今後の情勢次第では大学として「合宿、遠征等の中止」を求める場合があります。その場合を踏まえ、合宿、遠征にかかるキャンセル料がいつから発生するか等、各所属員が不利益を被らないよう綿密に計画してください。大学による活動制限により合宿や遠征等が中止となった場合も、大学はキャンセル料等の負担はできません。

懇親会、歓迎会等の開催について

懇親会、歓迎会等は感染拡大の大きな要因となります。当面の間は中止してください。

感染症拡大防止の対策

  • 密集、密閉、密接を必ず避ける。
  • 換気が悪い環境での活動は避ける。
  • 屋内などで、お互いの距離が十分にとれない状況で一定時間を過ごす活動は控える。
  • 活動時はこまめに手洗いや消毒を行う(活動開始前・終了後の手洗い・消毒を義務とし、活動中も可能な限りこまめに手洗いを行う)。
  • 負荷の大きいトレーニングや活動上着用できない状況を除き、マスク等の着用を徹底する(ミーティング等、活動に影響がない状況下ではマスク等の着用を徹底する)。
  • 咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)を徹底する。
  • 全体練習を控え、なるべく個人練習を中心に活動する。
  • 所属員に風邪のような症状がある場合は活動に参加させず、自宅にて健康観察を行うよう指示してください。
  • 気温上昇に伴い、水分補給等の熱中症対策を十分に講じる(特にマスク着用時に注意する)。

活動への参加は各所属員およびその家族の意思を尊重し、強制しないでください。

息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合や、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合は「帰国者・接触者相談センター」と本学保健管理室(0568-51-4428)に相談してください。

参考

※その他、本学における課外教育活動においても本方針に準拠してください。
※新型コロナウイルス感染症に関しては各省庁および本学が発出する最新の情報に基づき対応してください。

追記

すでに多くのクラブ活動等公認団体が夏季休業中の活動計画を提出(2020年度夏季休業中クラブ活動計画書:7月15日【水曜日】提出期限)しておりますが、活動を中止する等活動内容に変更がある場合は、必ず学生支援課クラブ担当までメールにて連絡してください。

【連絡先】 学生支援課 クラブ担当 メールアドレス:club@office.chubu.ac.jp

以上

 
 
 

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー