中部大学

中部大学

秋学期の通学・学内生活について

【2020年9月16日更新】お知らせ

学生の皆さんへ

副学長(教育担当) 杉本 和弘

秋学期の通学・学内生活について

本学ではホームページでお知らせしましたとおり(「2020年度秋学期の授業実施について」2020年9月9日付け)、秋学期の授業は一授業時間帯あたりの総受講者数を制限したうえで、対面授業を基本としつつ、遠隔授業を取り入れながら実施することになりました(「新型コロナウイルス感染拡大に対する中部大学の行動指針」で設定している活動制限レベルに応じて実施)。

通学する学生の皆さんは下記の内容を確認のうえ、引き続き政府の示す「新しい生活様式」を徹底し感染拡大防止に努めてください。また本学においても「日常生活での留意事項」及び「行動フローチャート」を作成しました(下記にPDFファイルを掲出)。必ず読んでください。

【感染防止に関する注意】

体調管理

  • 毎朝、自宅で検温をする
  • 発熱や息苦しさ、喉の痛み、咳、だるさなどの症状がある人は自宅療養のうえ、医療機関等に相談する

※体調に異常がある場合は登校せず、外出もしない

通学(公共交通機関及び名鉄バス中部大学線)

  • マスクを着用する
  • 駅・バス停で乗車の列に並ぶ際は適切な間隔を保ち、密集・密接を避ける
  • 乗車中は会話をしない

※名鉄バス中部大学線の分散利用について
以下のとおり、授業開始時間に合わせたバス利用(乗車)に協力してください

授業開始時間 バス利用(乗車)可能時間
1コマ(1・2時限) 9時30分~ 始発から乗車可能
2コマ(3・4時限) 11時15分~ 9時30分以降に乗車
3コマ(5・6時限) 13時35分~ 11時15分以降に乗車
4コマ(7・8時限) 15時20分~ 13時以降に乗車
5コマ(9・10時限) 17時5分~ 15時以降に乗車

※バス利用(乗車)可能時間は目安であり、授業に遅刻しない範囲で協力してください

名鉄バス中部大学線の運行予定

学内入構

  • 正門及び三幸橋ゲートに設置の「検温所」で検温のうえ、学内活動を行う
    ※正門及び第一学生駐車場以外の構内出入口は出口専用となります
  • 通学後もマスクを着用し、咳エチケットと手洗い(清潔なハンカチの使用)を徹底する
    (各学部棟、講義室棟に消毒液を設置するとともに仮設の手洗い場を設置[9号館下])
    (マスク着用時の熱中症防止のために、水分補給を適切に行う)
  • 学部棟、講義室棟内では、「三つの密」を避けることを強く意識して生活をする
  • 学部棟、講義室棟内を移動する際は館内に示された指示に従う
    (動線が示されていない建物内を移動する際は右側通行を徹底する)

※9号館、10号館を利用する際は、感染拡大防止を目的にサーモグラフィーによる検温を行う場合がありますのでご承知おきください

「9号館10号館の消毒液配置場所及び館内の動線について」(PDF形式:約640KB)

授業

  • 一授業時間あたりの総受講者数を制限したうえで、対面授業を基本としつつ、遠隔授業を取り入れながら実施する
  • 対面授業が予定されている科目の一覧については9月17日(木曜日)付けでTora-Net Portalの【お知らせ】にて発表する
  • 対面授業が行われる講義室・実習室等については9月21日(月曜日)付けでTora-Net Portalの【履修確認】および【My時間割】にて発表する
  • 各授業の実施方式(授業形態等)については、初回授業までに担当教員から受講学生にCoursePower、Tora-Netメール等で通知する
  • 講義室での密集を避けるため、座席間隔を空けて(試験座席で)着席する
    (座席指定で行われる授業以外は、第1回の講義は自由席としますが、2回以降も同じ場所に着席するようにしてください。万一感染者が発生した場合の経路追跡のため、第1回の講義の際に、座席表に学籍番号および氏名を記入してください)
  • 対面授業の受講前後は手洗いを徹底し、備え付けの消毒液で手指を消毒する
  • 教員から特段の指示がない限り常時マスクを着用する
  • 授業中であっても体調が優れない場合はすぐに教員へ申し出る

遠隔授業受講講義室

  • 対面で実施する授業の前後の時間帯に遠隔授業(同時双方向型授業)を受講する学生およびインターネット利用環境が整備されていない学生に対して一部の講義室を開放する
  • 利用できる講義室については9月23日(水曜日)付けでTora-Net Portalの【お知らせ】にて通知する(変更が生じた場合は随時更新)
  • ノートPC、ヘッドセット、LANケーブルを持参する
  • 利用に際しては手洗いを徹底し、備え付けの消毒液で手指を消毒する
  • 利用にあたっては、講義室に置いてある利用者記帳簿に学籍番号・氏名を必ず記入する
  • 常時マスクを着用する
  • 同時双方向型授業受講中の発言以外は、私語を禁止する

食堂等

  • 食堂を利用する前後は手洗いを徹底し、備え付けの消毒液で手・指先を消毒する
  • 食堂内では、食事中以外はマスクを着用する
  • 券売機・食事提供の列に並ぶ際は適切な間隔を保ち、密集・密接を避ける
  • 利用可能な座席で食事する
  • 食事中は会話をしない
  • 食事を済ませたら速やかに退室する

※食堂の分散利用に協力ください

クラブ活動等

  • 本学が設定する活動制限レベルを確認のうえ、「新型コロナウイルス感染拡大に対する中部大学の行動指針」に基づき活動する
  • 団体ごとに十分に協議し、顧問・担当教員に相談した上で活動する
  • 合宿、遠征、学外者(他大学・社会人チーム、卒業生)との交流・合同練習及び練習試合等については活動の必要性を十分に検討し、団体ごとに要否を判断する
  • 新型コロナウイルス感染症の感染者が増加している地域での活動は控える
  • 手洗い、うがい、マスク・フェイスシールド等着用の徹底、毎朝・夕の検温などの体調管理や活動時の“3密”を防ぐなど、各団体において感染症拡大防止の対策を講じる
  • 代表者(学生)は活動前に必ず各所属員の体調確認(風邪の症状や発熱等)を行い、体調不良者の活動を認めない

※活動への参加は各所属員及びその家族の意思を尊重し、強制しない

「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う、今後のクラブ活動等について(7月23日付け)」を参照

体育施設の利用制限

  • プール・ウェイトトレーニング室
    学生・教職員の一般利用は当面の間中止(授業・公認クラブを除く)

【参考】

【その他のお知らせ】

学生支援に係る各部署の情報についてはホームページを確認してください

以上

 
 
 

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー