Research Center for Analysis and Measurement Research Center for Analysis and Measurement

Research Center for Analysis and Measurement

分析計測センター

分析計測センター長 講演

光学顕微鏡をはるかに凌ぐ、数万倍の高倍率で物質を見る

キャンパスプラザの東にある3号館1階の分析計測センターは、電子顕微鏡、エックス線回折装置、核磁気共鳴装置など23台の大型分析計測装置があります。大型分析計測装置を集中的に維持管理して学内の教育・研究の用に供するとともに、学内外の共同研究の推進を図ることを目的として平成2年に工学部分析計測施設として設立されました。
これらの分析計測装置は分析計測という言葉の通り、一般的な装置よりも専門性の高い装置が揃っています。例えば、一般的な光学顕微鏡は原理的に約1000倍が限界ですが、分析計測センターにある走査型電子顕微鏡は物質の表面を数万倍の倍率で見ることができます。

分析計測センターにある装置は主に工学部、応用生物学部、生命健康科学部の学生による卒業研究や、大学院生の研究、学外との共同研究に使用されています。利用申請をすることで、24時間入室が可能。年間約350名が利用申請をしています。
一般的に、これらの装置は操作が複雑で難しいのですが、本学では装置を熟知している専門の教職員指導のもと、学生自らが操作し、研究に励んでいます。

メンバー

研究者研究課題
山本 尚ペプチド研究センター長/先端研究センター長/分析計測センター長/教授反応有機化学、合成有機化学、不斉合成、錯体有機金属触媒、生体機能関連化学

主要分析装置

走査型電子顕微鏡

日本電子製 JSM-6510LA

走査型電子顕微鏡

s4300

日立製 S-4300

レーザー共焦点顕微鏡

lsm710

Carl Zeiss製 LSM710

走査プローブ顕微鏡

afm5100n

日立ハイテクサイエンス製 AFM5100N

核磁気共鳴装置

核磁気共鳴装置

日本電子製 JNM-ECS400

X線光電子分析装置

versaprobecu

アルバック・ファイ製 VersaProbe CU

透過型電子顕微鏡

日本電子製 JEM-2100F

デジタルマイクロスコープ

キーエンス製 VHX-7000

自動X線回折装置

リガク製 RINT-2100

全自動多目的X線回折装置

リガク製 SmartLab

薄膜構造評価用X線回折装置

リガク製 ATX-E

蛍光X線分析装置

リガク製 PrimusIV-MAP

質量分析装置

日本電子製 JMS-T100CS

ICP 発光分析装置

島津製作所製 ICPE-9810

レーザ回折式粒子径分布測定装置

島津製作所製 SALD-2300

フーリエ変換赤外分光分析装置

日本分光製 FT/IR-4700

湾曲IP 単結晶X線回析装置

リガク製 RAXIS-RAPID

フーリエ変換赤外分光分析装置

日本分光製 FT/IR-4700

研究