中部大学

中部大学

教員情報

中井 浩司 NAKAI Koji

公開ホームページ

プロフィール

職名 准教授
所属 生命健康科学部 臨床工学科
臨床工学実習センター
最終学歴 南山大学大学院ビジネス研究科ビジネス専攻修士課程修了
学位 修士(経営学・MBA)(南山大学)
資格 臨床工学技士、第1種ME技術者、臨床ME専門認定士、体外循環技術認定士
所属学会・役職 日本臨床工学会
日本医療機器学会
日本呼吸療法医学会
日本集中治療医学会
日本体外循環技術医学会
日本循環器学会
日本人工臓器学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本不整脈心電学会
専門分野 医療機器の評価及び開発、臨床工学技術、医療安全管理学、呼吸管理
研究テーマ 患者さん及び医療従事者に対する低侵襲かつストレスを低減する医療機器と医療器材の開発
研究紹介PDF
授業科目 臨床工学概論、生命工学入門、臨床工学特論、臨床工学関係法規、スタートアップセミナー、救急医学、医療機器安全管理学実習、医用治療機器学実習、人工心肺装置学実習、医用生体学演習、臨床実習D、卒業研究
共同研究キーワード センサ、低侵襲、ストレッサー、ストレス、生体情報モニタリング、非接触

著書および訳書

経皮的動脈血酸素飽和度 SpO2測定の新たなるアプローチ, 医療機器学, Vol.79, No.8: 638-646, 2009

学術論文、評論

人工呼吸関連機器ユーザーレポート Drager社製「Evita infinity V500」充実したツールの活用と自発呼吸の同調性. Jpn J Respir Care vol.37:頁110, 2020

2025年問題に向けた地域医療の再検討~名古屋市南西部地域中核病院の視点から~. 南山大学大学院 ビジネス研究科ビジネス専攻, 2016

麻酔用呼吸回路内に多量な結露の発生を認めた経験とその後の安全対策. 第35回日本手術医学会総会特集, vol.35, No.2:頁99-102, 2014

院内における医療機器情報コミュニケータニュース(MDIC news)発行の有用性. 医療機器Vol.84, No.6:頁652-656, 2014

手術室における医療機器の安全使用に向けた標準化への取り組み―臨床工学技士の視点から―. 医療機器Vol.83, No.3:頁339-341, 2013

製品紹介「SpO2モニタリング用耳朶プローブ」. 医療機器学, vol.81, No.6:頁469-470, 2011

人工呼吸器の保守管理について―電子カルテを活用した医療機器中央管理システム―. 医療機器学, vol.80, No.5:頁548-550, 2010

当院における耳朶SpO2センサの使用状況と臨床応用の可能性について. 医療機器学, vol.80, No.5:頁499-501, 2010

シリンジポンプの接続方法が流量誤差に与える影響についての実験的検討. ICUとCCU, vol.33, No.5:頁421-426, 2009

PURITAN BENNETT™840 Ventilator搭載 Proportional Assist™Ventilation P(PAV+)の使用経験. 第19回日本臨床工学会論文集, No.37:頁265-267, 2009

小児の経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)測定における耳朶センサの有用性. 医療機器学, vol.79, No.7:頁584-586, 2009

用手人工呼吸法についての考察―バッグバルブマスク(アンビューバッグ)による換気補助について. 第17回日本臨床工学会論文集, No.31:頁95-97, 2007

前額部センサによるSpO2計測の臨床的意義. 第16回日本臨床工学会論文集, No.28:頁161-162, 2006

講演、シンポジウム、学会発表

講演・セミナー

日本集中治療医学会東海北陸支部「第1回臨床工学セミナー」周術期における人工呼吸療法―肺保護とアセスメント―(2020年1月)

愛知県臨床工学技士会 MEセミナー「モニタリングの基礎と応用(SpO2とETCO2)」(2016年12月)

愛知県診療放射線技師会第二回名西地区研修会 教育セミナー「診療放射線技師のための、ちょっと得する心電図モニターの知識」(2016年11月)

第31回心血管インターベンション治療学会東海北陸地方会 コメディカル学生教育セミナー「補助循環(PCPS・IABP)」(2014年4月)

第25回RCM呼吸管理セミナー「人工呼吸管理中のアラーム対応、PCVモードにおける高圧アラームと低圧アラームの考察」(2013年9月)

第18回RCM呼吸管理セミナー「SpO2のモニタリングにおける注意点」(2012年12月)

愛知県臨床工学技士会 呼吸療法セミナー「人工呼吸器の基礎知識」(2010年6月)

主な研究発表

IABP至適タイミングの再考―DABAC/SABAC指数より―. 第84回日本循環器学会学術集会(2020年8月)

IABP至適タイミングの再考―圧波形と脈波到達時間の臨床的検討―. 第47回日本集中治療医学会学術集会(2020年3月)

指定演題「医療現場における医工連携の実例」世界発の国産品から45年, 現代版耳朶パルスオキシメータプローブの共同開発と臨床評価. 第20回中部臨床工学会(2019年11月)

長期在宅呼吸管理患者におけるDirect Viewの解析が, 人工呼吸器非同調を改善しえた1例. 第41回日本呼吸療法医学会(2019年8月)

カテーテルアブレーション中の心タンポナーデ早期診断のための体表面12誘導心電図の有用性. 第81回日本循環器学会学術集会(2017年3月)

発作性心房細動アブレーション患者における左房収縮期圧のdp/dtから見た左房収縮能についての考察. 第63回日本不整脈心電学会学術集会(2016年7月)

直線加圧測定方式による悲観血血圧測定iNIBPにおける臨床的意義. 第16回中部臨床工学会(2015年11月)

直線加圧測定方式を用いた非観血血圧測定における新たなるアプローチ. 第41回日本集中治療医学会学術集会(2014年2月)

人工心肺におけるIABP作動中のpump操作と血行動態管理についての考察. 第37回日本体外循環医学会東海地方会(2014年1月)

電子カルテと連動した手術映像のライブおよびオンデマンド配信システムの開発―人工心肺装置操作への有用性―. 第39回日本体外循環医学会大会(2013年11月)

当院におけるPCPS症例の過去と現在. 第35回日本体外循環医学会東海地方会(2012年2月)

輸液ポンプの作動ヒストリー機能搭載機の使用による操作手順とアラーム対応の解析. 第86回日本医療機器学会(2011年6月)

TOSCA500のPtcCO2/SpO2モニタにおけるΔCO2(PtcCO2-PaCO2)とPI(Perfusion Index)の関係にいての検討. 第37回日本集中治療医学会学術集会(2010年3月)

トランペットカーブに基づく輸液精度評価の問題点. 第17回日本臨床工学会(2007年5月)

受賞

優秀演題賞受賞(臨床工学部門) 第47回日本集中治療医学会学術集会 「IABPの至適タイミングの再考―圧波形と脈波到達時間の臨床的検討―」(2020)

優秀演題奨励賞受賞 第3回日本集中治療医学会東海北陸支部学術集会「乳児急性細気管支炎の発症からHFNC導入までの日数が入院経過に与える影響についての考察」(2019)

優秀演題ファイナリスト表彰(メディカルプロフェッショナル部門) 第64回日本不整脈心電学会学術集会「心房細動アブレーション患者の左房収縮能の計測による臨床的意義についての考察―左房収縮期圧dp/dtの解析―」(2017)

社会活動

愛知県臨床工学技士会学術部会学術部員 (2016~2020)

第45回日本体外循環医学会学術集会運営委員 (2019)

愛知県臨床工学技士教育委員会委員/学術部員 (2010~2012)

第17回日本臨床工学会 大会実行委員会委員 (2007)

学校法人 中部大学 非常勤講師, 「生体計測装置学実習」 (2016)

学校法人 セムイ学園 東海医療科学専門学校 非常勤講師, 「先端医療」 (2006年4月/2007年4月)

愛知県施設内臓器移植担当者 (2011年4月~2020年3月)

その他

ユーザーレポート「抜管後、ドリームウェアを活用したマスクローテーションが早期リハビリテーション及びADL拡大につながった症例」, 2019

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー