中部大学

中部大学

教員情報

児玉 泰 KODAMA Yasushi

プロフィール

職名 准教授
所属 生命健康科学部 臨床工学科
臨床工学実習センター
大学院 生命健康科学研究科 生命医科学専攻
最終学歴 名古屋市立大学大学院システム自然科学研究科修了
学位 修士(生体情報)
資格 臨床工学技士、臨床検査技師
所属学会・役職 日本体外循環技術医学会(評議員:1997-2008、教育委員:2001-2002、回路標準化委員:2004-2006、東海地方会役員:1993-2014)
日本臨床工学技士会
愛知県臨床工学技士会(編集広報委員会委員長:1997-2000)
日本体力医学会
専門分野 体外循環技術、生体計測、生体情報処理 
研究テーマ 体外循環技術・補助循環技術に関する研究、身体活動による呼吸・循環機能の変化に関する研究、セーフティーマネジメント
授業科目 人工心肺装置学、生体計測装置学、臨床工学概論、臨床医学特論、スタートアップセミナー、医療計測情報学、医用機器学、卒業研究 他
共同研究キーワード 体外循環、補助循環、人工心肺、セーフティーマネジメント、生体情報処理、データマイニング、スマートアラーム
公開連絡先 メールアドレス:ykodama@isc.chubu.ac.jp

著書および訳書

最新人工心肺―理論と実際―付録3 臨床工学技士国家試験問題 第20回~第29回(「体外循環装置」の分野を抜粋), 名古屋大学出版会, 第5版, P.267-273, 2017年2月

公立陶生病院の施設紹介, 体外循環技術, Vol.31 No.3 P.267-270, 2004年8月

テルモ社から発売された新しい人工心肺装置APS1(サーンズアドバンストパーフュージョンシステム1), 医工学治療, Vol.15 No.3 P.165-172, 2003年9月

学術論文、評論

臨床工学技士教育のためのe-learningシステムの構築と検討―臨床工学技士国家試験対策―, 中部大学教育研究, No.17 P.83-89, 2017年12月

臨床工学技士教育のためのe-learningシステムの構築と検討―第2種ME技術実力検定試験対策(第2報)―, 中部大学生命健康科学研究所紀要, Vol.13, 2017年3月

人工心肺装置用スマートアラームのための異常検知, JSAI2015論文集, 1H 4-2, 2015年6月

人工心肺装置における複数の時系列パターンに基づく異状検知, 信学技報, vol.113 No.493, PRMU2013-177 P.55-60, 2014年3月

同一自覚的強度による自転車エルゴメータ運動とトレッドミル運動の生理学的応答, 名古屋市立大学大学院システム自然科学研究科修士論文, 2014年2月

ライブラリの臨床工学科実習への活用 ― 医用治療機器学実習における実践報告―, 中部大学教育研究, No.13 P.55-59, 2013年12月

自転車による運動習慣のある中高齢者の自転車走行中の運動強度および体力・健康レベル, 体力科学, 62巻4号 P.331-341, 2013年8月

Development of an exercise therapy guidance service for the prevention and amelioration of metabolic syndrome, Achievements and Issues in a Three-year Research Program, by the Center for the Support of Community Medicine and People with Disabilities, Chubu University Research Institute of Life and Health Sciences, June 10, 2013

メタボリックシンドローム予防・改善に対する運動療法指導サービスの開発研究, ―運動指導と栄養指導を併用した介入効果の検討―, 中部大学生命健康科学研究所紀要Vol.9, 2013年3月

時系列マイニングを用いた人工心肺装置の異常検知, 人工知能学会第2回合同研究会2012論文集(SIG-DOCMAS,(B201), (2012-11-15))

院内AED(Automated External Defibrillator)設置に伴う臨床工学技士の対応, 日本臨床工学技士会会誌, No.25 P.75-76, 2005年10月

透析医療における震災に対する危機管理, 陶生医報, 第21号 P.67-71, 2005年7月

生体適合性の面からみた低侵襲体外循環の基礎的検討, 体外循環技術, Vol.32-1 P.7-10, 2005年3月

安全な医療環境へ向けての取り組み, 陶生医報, 第20号 P.85-90, 2004年7月

器材管理室のME機器管理システム, 陶生医報, 第19号 P.105-110, 2003年7月

ローラーポンプと遠心ポンプの生体に及ぼす影響についての検討, 体外循環技術, Vol.28-1 P.46-48, 2001年3月

当院で施行したPCPS 71例の検討, 体外循環技術, Vol.28-1 P.43-45, 2001年3月

当院における冠状動脈バイパス手術の検討, 陶生医報, 第16号 P.51-55, 2000年7月

重症心不全患者の手術目的での防災ヘリコプターによる搬送経験, 体外循環技術, Vol.26-4 P.62-65, 1999年12月

上行大動脈人工血管置換術後4年後に生じた右冠動脈入口部狭窄に対して右冠動脈入口部形成術を施行した1症例, 陶生医報, 第15号 P.37-40, 1999年5月

Stanford A 型急性大動脈解離の外科治療, 陶生医報, 第13号 P.59-66, 1997年6月

閉塞性動脈硬化症に対する経皮的バルーン血管拡張形成術(PTA)及び経皮的粥状硬化切除血管形成術(DPA)の検討, 陶生医報, 第12号 P.59-64, 1996年6月

当院でのPCPS 8例の臨床経験, 体外循環技術, Vol.21-2 P.73-75, 1995年7月

大動脈瘤手術に対する体外循環法, 陶生医報, 第10号 P.97-100, 1994年6月

Stanford A 型大動脈解離および弓部大動脈瘤手術の成績, 体外循環技術, Vol.20 P.122-125, 1994年3月

開心術後の胸骨感染から6年後に発症した細菌性上行大動脈仮性動脈―MRSA感染にて再手術を要し難渋した症例の検討-, 臨床胸部外科, Vol.13 No.2 P.69-72, 1993

Bypass Balloon Pumpingの実験的研究, 陶生医報, 第7号 P.53-57, 1991年5月

講演、シンポジウム、学会発表

第2種ME技術実力検定試験のためのe-learningシステムの構築と検討, 第26回日本臨床工学会, 2016年5月

人工心肺装置用スマートアラームのための異常検知, 第29回人工知能学会全国大会, 2015年5月

中年世代を対象とした同一自覚的強度による自転車エルゴメータ運動とトレッドミル運動の比較, 第18回日本体力医学会東海地方会学術集会, 2014年3月

人工心肺装置における複数の時系列パターンに基づく異状検知, 電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), 2014年3月

「Platelet adhesion on graphene containing carbon film prepared by pulsed plasma CVD」, 5th International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials, ISPlasma2013, 2013(January)

血小板粘着試験により評価したグラフェン膜の血液適合性, 第50回日本人工臓器学会大会, 2012年11月

時系列マイニングを用いた人工心肺装置の異常検知」, 人工知能学会第2回合同研究会, 第3回データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会,テーマ:データマイニングとビッグデータ, 2012年11月

「Fitness level of older adults with a habit of recreational cycling and exercise intensity during a cycling」, 1st WORLD CONGRESS ON HEALTHY AGEING, "Evolution: Holistic Ageing in an Age of Change", 19th-22nd March 2012, Kuala Lumpur Convention Centre, Kuala Lumpur, Malaysia, Organised by Malaysian Healthy Ageing Society

教育講演「SVO2について」, 愛知県臨床工学技士会・日本体外循環技術医学会共催教育セミナー, 2011年1月

中高齢自転車愛好者の血液性状・体力および走行時の運動強度, 第65回日本体力医学会大会, 2010年9月

教育講演「各施設における体外循環」, 愛知県臨床工学技士会教育セミナー, 2005年7月

当院におけるPCPSの治療成績, 第13回日本心血管インターベンション学会東海北陸地方会, 2005年5月

成人用高頻度振動換気人工呼吸器の使用経験について, 第15回日本臨床工学会, 2005年5月

院内AED(Automated External Defibrillator)設置に伴う臨床工学技士の対応, 第15回日本臨床工学会, 2005年5月

シンポジウム「低侵襲体外循環への挑戦:各種コーティングおよび, 遠心ポンプによる低侵襲体外循環 ―生体適合性の面から―」, 第30回日本体外循環技術研究会大会, 2004年9月

教育講演「遠心ポンプ送血」, 愛知県臨床工学技士会教育セミナー, 2004年7月

集中治療におけるPCPS症例の臨床工学技士の役割, 第31回日本集中治療医学会総会, 2004年3月

教育講演「補助循環について」, 愛知県臨床工学技士会教育セミナー, 2002年8月

ローラーポンプと遠心ポンプを使用した体外循環の免疫能に及ぼす影響についての検討:血中サイトカインの変化を中心に, 第23回日本体外循環技術研究会東海地方会, 2000年12月

ローラーポンプと遠心ポンプの生体に及ぼす影響についての検討, 第26回日本体外循環技術研究会大会, 2000年9月

当院で施行したPCPS71例の検討, 第26回日本体外循環技術研究会大会, 2000年9月

大血管手術における補助手段, 第9回日本臨床工学技士会通常総会・学術集会, 1999年10月

重症心不全患者の手術目的での防災ヘリコプターによる搬送経験, 第25回日本体外循環技術研究会大会, 1999年10月

緊急座談会「臨床工学技士の21世紀はどうなる?:各施設の臨床工学技士の現状と今後の展望」, 愛知県臨床工学技士会, 1998年12月

心臓血管外科領域におけるCH(D)F(持続的血液濾過(透析))の検討, 第26回日本救急医学会総会, 1998年11月

動脈瘤手術の体外循環法, 第20回日本体外循環技術研究会東海地方会, 1998年11月

ICUにおける開心術後CHF(持続的血液濾過)及びCHDF(持続的血液濾過透析)の検討, 第25回日本集中治療医学会, 1998年3月

急性下肢動脈閉塞症に対する下肢局所灌流法の経験:特にGolden Timeを逸した症例について, 第33回東海血管外科研究会, 1997年10月

当院で施行したPCPS34例の検討, 第5回日本集中治療医学会東海北陸地方会, 1997年6月

当施設における体外循環システム, 第17回日本体外循環技術研究会東海地方会, 1997年3月

当施設における体外循環法, 第22回日本体外循環技術研究会大会, 1996年9月

小討論会「体外循環の特殊な工夫:全身逆行性灌流法」, 日本体外循環技術研究会大会, 1995年10月

当院のPCPSシステム, 第4回日本心血管インターベンション学会学術集会, 1995年6月

当院でのPCPS 8例の臨床経験, 第20回日本体外循環技術研究会大会, 1994年10月

Stanford A 型大動脈解離および弓部大動脈瘤手術の成績:選択的内頚静脈逆行性脳灌流法を併用した全身逆行性灌流法を用いて, 第19回日本体外循環技術研究会大会, 1993年11月

喀血を繰り返したバルサルバ洞破裂術後仮性上行大動脈瘤の1治験例, 第153回日本内科学会東海地方会, 1991年2月

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー