中部大学

中部大学

教員情報

田中 守 TANAKA Mamoru

プロフィール

出身 和歌山
職名 講師
所属 応用生物学部 食品栄養科学科
管理栄養実習センター
大学院 応用生物学研究科 応用生物学専攻
最終学歴 川崎医療福祉大学大学院医療技術学研究科健康科学専攻博士後期課程修了
学位 博士(健康科学)
資格 管理栄養士、調理師
所属学会・役職 日本栄養食糧学会(中国・四国支部参与:2018)
日本栄養食糧学会(中国・四国支部庶務幹事:2016-2017)
日本食品科学工学会会員
日本家政学会(中国・四国支部常任幹事、機関幹事:2017)
日本未病システム学会
日本食品保蔵科学会
専門分野 基礎栄養学
研究テーマ 食物アレルギー、食品免疫
授業科目 基礎栄養学Ⅰ、基礎栄養学Ⅱ、基礎生化学実験、栄養学実験
共同研究キーワード 食品の機能性、食物アレルギー

著書および訳書

Amino Acid -New Insights and Roles in Plant and Animal, Asao, T., Asaduzzaman, M., Tanaka, M., Okamoto, T., et al., INTECH 2017年6月 ISBN:978-953-51-5453-2

食と健康を支援する 第2集, 山田耕路編, 田中 守他, 生物機能研究所 2012年

学術論文、評論

ハマアザミ(Cirsium maritimum Makino)の抗アレルギー効果, 田中 守, 鈴木 大進, 竹井 悠一郎, 吉本好延, 小林 淳, 渡邊 浩幸, 臨床化学 47 398-405 2018年

Free Distribution of Plastic Bags and Consideration of Global Environmental Problems in Japan, Kobayashi, J., Tanaka, M., Ikeda, K., International Journal pf Pharmacy & Pharmaceutical Research 13(3) 187-197 2018年

頭頸部、胸部上部食道がん患者におけるがん治療と食変化の関連性, 渡邊慶子, 田中 守, 十萬敬子, 佐賀啓子, 吉松佳絵, 山下元司, 西岡明人, 森田荘二郎, 日本病態栄養学会誌 21(3)417-424 2018年

International Conference on Food Science and Nutrition 2017における研究発表を通して, 田中 守, 日本栄養・食糧学会誌 71(1) 41 2018年

小麦依存性運動誘発アナフィラキシーにおけるアレルゲン特性と運動の役割, 田中 守, 香西はな, 体力科学 67(1) 56 2018年

Creation of Survival Food Recipes by Students in Practicum for a Dietitian Course at University, Shimada, I., Numata, S., Tanaka, M., Hirouchi, T., Tokuhiro, C., Watanabe, K., Okamoto, T. International Conference on Food Science and Nutrition 2017 2018年

Characterization Analysis of Loss of Appetite among Cancer patients and Development of a Monitoring Check Sheet Corresponding to Changes in Appetite, Watanabe, K., Tanaka, M., Shimada, I., Juman, K., Saga, K., Sakamoto, K., Morita, S., Yamashita, M. International Conference on Food Science and Nutrition 2017 2018年

Studies on Improving the Amount of Animal Protein Intake among the Elderly Application of a Meat Softener to Chicken Eggs, Shimada, I., Tanaka, M., Hirouchi, T., Wataanbe, K., Tokuhiro, C. and Numata, S. International Conference on Food Science and Nutrition 2017 2018年

Learn from the Region, Grow up in the Region - Student Activities through Rice with Local Government and Regional People, Numata, S., Tanaka, M., Shimada, I. International Conference on Food Science and Nutrition 2017 2018年

Cirsium maritimum Makino Inhibits the Antigen/IgE-mediated Allergic Response In Vitro and In Vivo, Tanaka, M., Suzuki, M., Takei, Y., Okamoto, T., Watanabe, H. Journal of Agricultural and Food Chemistry 65(38) 8386-8391 2017年

マウスの抗体産生能に及ぼすハマアザミ酢酸エチル抽出物の影響, 田中 守, 鈴木大進, 竹井悠一郎, 川村真美, 渡邊浩幸, 日本未病システム学会雑誌 23(2) 23-29 2017年

Sujiaonori-derived Algal Biomaterials Inhibit Allergic Reaction in Allergen-sensitized RBL-2H3 Cell Line and Improve Skin Health in Humans, Ngatu, NR., Tanaka, M., Ikeda, M., Inoue, M., Kanbara, S., Nojima, S., Journal of Funcrional Biomaterials 8(3) 2017年

Laxative Effects of Dietary Supplementation with Sujiaonori Algal Biomaterial in Japanese Adult Women with Functional Constipation: A Case Study, Ngatu, NR., Ikeda, M., Watanabe, H., Tanaka, M., Inoue, M., Journal of Funcrional Biomaterials 8(2) 2017年

Uncovering Adiponectin Replenishing Property of Sujiaonori Algal Biomaterial in Humans, Ngatu, NR., Ikeda, M., Watanabe, H.,Tanaka, M., Inoue, M., Kanbara, S., Nojima, S., Marine Drugs 15(2) 2017年

His-Ala-Glnペプチドがマウスの抗体産生に及ぼす影響, 岡本威明, 平田璃奈, 田頭歩佳, 吉本好延, 香西はな, 田中 守, 四国公衆衛生学会雑誌 62 63-70 2017年

3種in vitro評価系を用いたポリフェノールの抗アレルギー活性評価について, 田中 守, 鈴木大進, 吉本好延, 香西はな, 岡本威明, 高知県立大学健康栄養学部研究紀要 66 1-9 2017年

ケモカイン受容体と好酸球増多筋痛症, 田中 守, 岡本威明, アレルギーの臨床 36 1364-1369 2016年

ヒト好酸球の走化成とケモカインレセプター発現に及ぼす不純物PAAの影響, 岡本威明, 田頭歩佳, 中野広輔, 加藤匡宏, 田中 守, 愛媛大学教育学部紀要 63 235-241 2016年

Toe functions have little effect on dynamic balance ability in elderly people, Yoshimoto, Y., Ooyama, Y., Tanaka, M,. Sakamoto, A., Journal of Physical Terapy Science 29 158-162 2016年

Anti-allergic Effects and Immunomodulatory Activity of Sacran, a Bioactive Compound from River alga Aphanothece sacrum, Ngatu, NR., Tanaka, M., Okajima, MK., Yokogawa, M., Ikeda, M., Inoue, M., Watanabe, H., Kanbara, S., Nojima, S., Kaneko, T., Suganuma, N., Evidence-based Medicine & Public Health 2016年

Anti-allergic effects of His-Ala-Gln tripeptide in vitro and in vivo, Tanaka, M., Watanabe, H., Yoshimoto, Y., Kozai, H., Okamoto, T., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 81(2) 383 2016年

がん患者における食事摂取支援食導入による効果, 渡邊慶子, 沼田 聡, 島田郁子, 佐賀啓子, 田中 守, 日本農村医学会雑誌 65(4) 765 2016年

One-leg standing time of the affected side moderately predicts for post-discharge falls in community stroke patients, Yoshimoto, Y., Ooyama, Y., Tanaka, M., Sakamoto, A., Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases 25(8) 1913 2016年

マレーシア国立サバ大学との国際交流と今後の課題, 島田郁子, 荒牧礼子, 田中 守, ふまにすむす 27 10-13 2016年

ヒト好酸球性白血病由来細胞株EoL-3を用いた健康食品の安全性評価系の確立, 田頭歩佳, 加藤匡宏, 山内加奈子, 田中 守, 岡本威明, 四国公衆衛生学会雑誌 61 125-132 2016年

動物モデル系を用いた小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの評価, 田中 守, 香西はな, 岡本威明, アレルギーの臨床 35 1178-1183 2015年

Different cutoff values of 10-m walking speed simply classify walking independence in stroke patients with or without cognitive impairment, Yoshimoto, Y., Ooyama, Y., Tanaka, M., The Journal of Physical Therapy Science 27(5) 1503-1506 2015年

高齢者の転倒と外傷の発生状況に関する知見の整理, 吉本好延, 田中 守, 神谷将人, 佐藤 圭, 四国公衆衛生学会雑誌 60(1) 97-102 2015年

主観的幸福度の調査-12の生活環境要因を指標として-, 岡本威明, 岡部麻未, 田頭歩佳, 篠原一作, 島田郁子, 田中 守, 愛媛大学教育学部紀要 61 149-159 2014年

Reactive Dyeを用いたヒヨコ血清アルブミン機能評価の検討, 田中 守, 廣内智子, 島田郁子, 吉本好延, 佐藤 厚, 四国公衆衛生学会雑誌 59(1) 77-83 2014年

震災経験が全国自治体の食料備蓄体制に及ぼした影響, 廣内智子, 田中 守, 島田郁子, 日本病態栄養学会誌 17 231-238 2014年

東日本大震災食後における被災者の食糧供給に関する経日的変化, 廣内智子, 田中 守, 島田郁子, 荻沼一男, 日本災害食学会誌 1(1) 29-33 2014年

マウスにおける卵白リゾチーム感作モデル系の確立, 田中 守, 根津俊大, 吉本好延, 岡本威明, 高知県立大学健康栄養学部研究紀要 63 1-8 2014年

日本と韓国における食物アレルギー表示の比較, 廣内智子, 島田郁子, 田中 守, 佐藤 厚, 高知県立大学健康栄養学部研究紀要 62 11-17 2013年

血清アルブミン機能測定を用いた新たな栄養評価法の開発, 田中 守, 高知県立大学健康栄養学部研究紀要 62 19-25 2013年

ラット好塩基球様細胞株RBL-2H3の脱顆粒に及ぼすカゼイン由来ペプチドおよび関連アミノ酸の影響, 田中 守, 山岸賢司, 菅原卓也, 廣内智子, 岡本威明, 日本食品科学工学会誌 59(11) 556-561 2012年

日本の公立大学における災害対策の現状, 廣内智子, 田中 守, 島田郁子, 吉本好延, 佐藤 厚, 日本公衆衛生雑誌 59(3) 183-188 2012年3月

重症心身障害児(者)の腎結石症に対するクランベリージュースの効果, 松井欣也, 金本郁美, 中島浩司, 玉村宣尚, 田中 守, 廣内智子, 日本重症心身障害学会誌 38(1) 143-147 2012年

東日本大震災発生直前の自治体の災害時食糧備蓄の現状調査, 廣内智子, 田中 守, 佐藤 厚, 高知県立大学健康栄養学部研究紀要 61 1-8 2012年

B10.Aマウスを用いた小麦依存性運動誘発アナフィラキシーモデル系の作製, 田中 守, 山田作夫, 長野隆男, 川崎医療福祉学会誌 20(2) 405-410 2011年

グリアジンの経口投与量が小麦依存性運動誘発アナフィラキシーに与える影響, 田中 守, 矢野博己, 山田作夫, 長野隆男, 川崎医療福祉学会誌 156(2) 434-442 2011年

Exercise-independent wheat-induced anaphylaxis caused by ω-5 gliadin in mice., Tanaka, M., Nagano, T., Yano, H., Haruma, K. and Kato, Y., International Archives of Allergy and Immunology. 156(4) 434-442 2011年

Impact of ω-5 Gliadin on Wheat-Dependent Exercise-Induced Anaphylaxis in Mice, Tanaka, M., Nagano, T., Yano, H., Matsuda, T., Ikeda, T., Haruma, K. and Kato, Y., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 75(2) 313-317 2011年

講演、シンポジウム、学会発表

シークヮーサー葉・果皮抽出物によるI型アレルギー抑制機構の解明, 岡本威明, 河原林桃子, 柏木愛梨, 田中 守, 垣田浩孝, 第65回日本家政学会中国・四国支部研究発表会 2018年9月

トンネル内環境の変動要因~環境放射線量を主として~, 小林 淳, 武市 友, 近森貴乃, 西川友加里, 山手也香, 田中 守, 池田啓一, 杉山英男, 日本分析化学会 第67年会, 宮城 2018年9月

種々の系統由来食用カンナ根茎部の加熱後のテクスチャー解析, 山根悠太, 松尾なお, 渡邊浩幸, 川村真美, 彼末富貴, 田中 守, 竹井悠一郎, 第5回日本栄養改善学会四国支部学術総会, 高知 2018年6月

卵白アレルゲンL-PGDSに対する高感度酵素免疫測定法の開発と阻害物質の解析, 沼田 聡, 石田 千佳, 井原 未紗子, 竹馬 明美, 田中 守, 鈴木 麻希子, 第72回日本栄養食糧学会大会, 岡山 2018年5月

カンナデンプンはマウスの腸内環境を整え、腸管バリア機能を強化する, 田中 守, 竹井悠一郎, 川村真美, 谷本 佳史, 渡邊 浩幸, 第72回日本栄養食糧学会大会, 岡山 2018年5月

マウスの脳内アクアポリン4遺伝子発現に対するアルコール投与の影響とビタミンB群同時投与による改善効果, 渡邊浩幸, 田中 守, 竹井悠一郎, 谷本佳史, 川村真美, 第72回日本栄養・食糧学会大会, 岡山 2018年5月

Health effectof dietary supplementation with Sujiaonori biomaterial, Ngatu, NR., Ikeda, M., Tanaka, M., Kanbara, S., Nojima, S., 第11回高知大学&高知工科大学&高知県立大学医工連携交流会 2018年2月16日

ハマアザミは抗原/IgE依存性アレルギー反応を抑制し、抗原特異IgAを増加させる, 田中 守, 渡邊浩幸, 第11回高知大学&高知工科大学&高知県立大学医工連携交流会 2018年2月16日

食物アレルギー児に対する保育所給食の対応-誤食ゼロを目指して-, 香西はな, 藤原美佳, 稲垣七重, 田中 守, 第13回日本給食経営管理学会学術総会 2017年11月

柑橘類含有成分オーラプテンによる動脈瘤形成抑制効果の検討, 竹井悠一郎, 田中 守, 隅田有公子, 川村真美, 渡邊浩幸, 第50回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 鳥取 2017年11月

In vitro及びin vivoにおけるCirsium maritimum Makinoの抗アレルギー効果, 田中 守, 鈴木大進, 竹井悠一郎, 川村真美, 渡邊浩幸, 第50回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 鳥取 2017年11月

Studies on improving the amount of animal protein intake among the Elderly Application of A meat softener to chicken eggs, Shimada, I., Tanaka, M., Hirouchi, T., Wataanbe, K., Tokuhiro, C., Numata, S., International Conference on Food Science and Nutrition 2017 2017年10月

Creation of Survival food recipes by Students in Practicum for a Dietitian Course at University, Shimada, I., Numata, S., Tanaka, M., Hirouchi, T., Tokuhiro, C., Watanabe, K., Okamoto, T., International Conference on Food Science and Nutrition 2017 2017年10月

Anti-allergic effects of Shiikuwasha (Citrus depressa Hayata) in vitro and in vivo, Okamoto, T. Matsumoto, K., Kumazawa, H., Kawarabayashi, M., Tanaka, M., International Conference on Food Science and Nutrition 2017 2017年10月

Learn from the region, grow up in the region –student activities through rice with local government and regional people, Numata, S. Tanaka, M., and Shimada, I., International Conference on Food Science and Nutrition 2017 2017年10月

Development and implementing of a monitoring check sheet corresponding to changes in appetite among cancer patients,, Watanabe, K. Tanaka, M., Shimada, I., Saga, K., Jyuman, K., Sakamoto, K., Yamashita, M. and Morita, S., International Conference on Food Science and Nutrition 2017 2017年10月

Auraptene, a citrus flavonoid attenuates the aneurysm formation by anti-osteoclastogenic function in Ca-PO4-induced mouse model, Takei, Y. Sumida, Y., Tanaka, M., Kawamura, M., Watanabe, H., International Conference on Food Science and Nutrition 2017 2017年10月

Anti-allergic effects of Cirsium maritimum Makino in vitro and in vivo, Tanaka, M., Suzuki, M., Takei, Y., Okamoto, T., Watanabe, H., International Conference on Food Science and Nutrition 2017 2017年10月

マウスへの各種脂肪酸組成の高脂肪食の投与が体脂肪及び血中BDNF濃度に及ぼす影響, 渡邊浩幸, 川村 真美, 田中 守, 第38回日本肥満学会, 大阪 2017年10月

ハマアザミ葉の継続摂取は抗原特異IgAを増加させる, 田中 守, 竹井悠一郎, 川村真美, 渡邊浩幸, 鈴木大進, 岡本威明, 第64回日本家政学会中国・四国大会 2017年10月

小麦依存性運動誘発アナフィラキシーにおけるアレルゲン特性と運動の役割, 田中 守, 香西はな, 第72回日本体力医学会大会 2017年9月

生体内外におけるシークヮーサー葉・果皮抽出物の抗アレルギー効果, 岡本威明 , 松本琴音, 熊澤遥奈, 河原林桃子, 田中 守, 日本家政学会第69回大会 2017年5月

海洋深層水の抗アレルギー効果, 田中 守 , 川北浩久, 渡邊浩幸, 日本家政学会第69回大会 2017年5月

マウス肝癌細胞培養時の培地中各種アミノ酸がメチル基転移酵素群の遺伝子発現に及ぼす影響, 渡邊浩幸, 谷本佳史, 川村真美, 田中 守, 第71回日本栄養・食糧学会大会 2017年5月

柑橘類含有成分オーラプテンは血管における破骨細胞形成を阻害し,動脈瘤形成を抑制させる, 竹井悠一郎, 隅田有公子, 田中 守, 川村真美, 渡邊浩幸, 第71回日本栄養・食糧学会大会 2017年5月

キク科Cirsium maritimum MakinoはIgE依存性アレルギー反応を抑制する, 田中 守, 鈴木大進, 竹井悠一郎, 岡本威明, 渡邊浩幸, 第71回日本栄養・食糧学会大会 2017年5月

ハマアザミ(Cirsium maritimum Makino)の抗アレルギー活性とその活性物質, 鈴木大進, 田中 守, 岡本威明, 渡邊浩幸, 日本農芸化学会2017年度大会 2017年3月

がん治療患者の食変化に対応したモニタリングチェックシートの開発と運用, 渡邊慶子, 安田春奈, 楠瀬和佳奈, 吉松香絵, 坂本一美, 小谷小枝, 佐賀啓子, 十萬敬子, 田中 守, 山下元司, 第36回食事療法学会, 高知 2017年3月

食物アレルギーモデルマウスのアレルギー症状に及ぼす食塩の影響, 田中 守, 隅田有公子, 沼田 聡, 島田郁子, 香西はな, 第36回食事療法学会, 高知 2017年3月

マウス脾臓リンパ球の抗体産生に及ぼすハマアザミの影響, 田中 守, 鈴木大進, 岡本威明, 渡邊浩幸, 第36回食事療法学会, 高知 2017年3月

保育所給食のアレルギー対応における小麦代替品の提案, 香西はな, 伊藤彩華, 大西律子, 中根一恵, 渡邉章子, 田中 守, 第12回日本給食経営管理学会学術総会, 兵庫 2016年11月

マウス肝細胞培養時の培地中の各種アミノ酸がメチル基転移酵素群の遺伝子発現に及ぼす影響, 谷本佳史, 田中 守, 沼田 聡, 川村真美, 渡邊浩幸, 第49回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 徳島 2016年11月

His-Ala-GlnペプチドがⅠ型アレルギーモデルマウスの抗体産生に及ぼす影響, 田中 守, 岡本威明, 平田璃奈, 田頭歩佳, 吉本好延, 香西はな, 渡邊浩幸, 第49回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 徳島 2016年11月

芳香性植物クロモジの機能性, 渡邊浩幸, 田中 守, 川村 真美, 第23回日本未病システム学会学術総会, 福岡 2016年11月

卵アレルギーモデルマウスにおけるHAQペプチドの抗アレルギー効果, 田頭歩佳, 岡本威明, 平田璃奈, 田中 守, 第63回日本家政学会中国・四国大会, 愛媛 2016年10月

各種食餌条件がマウスのうつ行動に及ぼす影響, 渡邊浩幸, 川村 真美, 田中 守, 第37回日本肥満学会, 東京 2016年10月

栄養(食物)と医薬品の影響, 田中 守, 高知県栄養士会生涯教育基本研修 2016年9月3日 高知県栄養士会

Review of evaluation index for nutrition education-case study on attitude and behavior of school lunch officials regarding utilization of local produce, 17th International Congress of Dietics, Granada, Spain 2016年9月

Making recipes of survival food in food service practicum of university dietitian course, 17th International Congress of Dietics, Granada, Spain 2016年9月

Development a soft meat for elderly -Application of a meat softener-, Shimada, I., Numata, S., Tanaka, M., Hirouchi, T., Watanabe, K., Okamoto, T., Watanabe, H., 17th International Congress of Dietics, Granada, Spain 2016年9月

ビタミンEによる骨代謝の制御, 岡本威明, 黒下苗子, 田頭歩佳, 田中 守, 岡野 聡, 小林千悟, 日本家政学会第68回大会, 愛知 2016年5月

培地中の脂肪酸とグルコースが肝細胞のメチル基転移酵素群の遺伝子発現に及ぼす影響, 田中 守, 高橋拓也, 川村真美, 渡邊浩幸, 第70回日本栄養・食糧学会大会, 兵庫 2016年5月

各種食餌条件がマウスのうつ行動に及ぼす影響, 渡邊浩幸, 田中 守, 田部大樹, 川村真美, 第70回日本栄養・食糧学会大会, 兵庫 2016年5月

アレルギー, 田中 守, 生産管理高度化研修応用講座(3)2016年3月10日 高知県

管理栄養士記録を用いた食道がん治療と食変化の関連性の評価, 田中 守, 渡邊慶子, 小谷小枝, 坂本一美, 吉松香絵, 楠瀬和佳奈, 安田春奈, 吉本 好延, 森田荘二郎, 第35回食事療法学会, 愛知 2016年3月

2型糖尿病肥満患者における栄養指導の効果について, 十萬敬子, 佐賀啓子, 小谷小枝, 坂本一美, 楠瀬和佳奈, 安田春奈, 渡邊慶子, 田中 守, 沼田 聡, 菅野 尚, 第35回食事療法学会, 愛知 2016年3月

頭頸部, 胸部上部食道がん治療と食変化に関する検討, 渡邊慶子, 田中 守, 小谷小枝, 坂本一美, 吉松香絵, 楠瀬和佳奈, 安田春奈, 吉本 好延, 森田荘二郎, 第35回食事療法学会, 愛知 2016年3月

機能性成分~抗アレルギー食品の開発を目指した素材探索~, 田中 守, 第24回シーズ・研究内容紹介 2016年2月24日 産学官民連系センター

腎移植患者の術前術後における体制分変化と栄養指標の検討, 坂本一美, 渡邊絵里香, 楠瀬和佳奈, 佐賀啓子, 十萬敬子, 森本智代, 渡邊慶子, 田中 守, 澁谷祐一, 第19回日本病態栄養学会年次学術集会, 横浜 2016年1月

カゼイン由来ペプチドの抗アレルギー特性評価, 田中 守, 渡邊浩幸, 吉本好延, 香西はな, 田頭歩佳, 岡本威明, 第48回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 広島 2015年11月

Effect of vitamin E on osteoblast-like MC3T3-E1 cells, Okamoto, T., Kuroshita, N., Tagashira, A., Tanaka, M., Sugahara, T., Okano, S., Kobayashi, S., 6th ICoFF, Seoul, Korea 2015年11月

An evaluation of useful plant resources in Kochi Prefecture for their TNF-α production and degranulation inhibitory activity, Sasanuma, M., Devkota, HP., Tanaka, M., Noguchi, S., Suganuma, N., Watanabe, T., International Symposium on Chronic Inflammatory Diseases, Kumamoto 2015年10月

Research of Hidden Natural Resources Containing Functional Food Ingredients in Kochi – Industry-Academic-Government Project –, 田中 守, 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)主催「日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)」2015年9月30日

ヒト好酸球を用いた健康直品の安全性評価系の確立, 田頭歩佳, 山内明, 山内加奈子, 加藤匡宏, 田中 守, 岡本威明, 第62回日本家政学会中国・四国大会, 鳥取 2015年9月

ヒト好塩基球の走化性とケモカインレセプター発現に及ぼす不純物3-pheylamino-L-alanine (PAA)の影響, 田頭歩佳, 山内明, 山内加奈子, 加藤匡宏, 田中 守, 岡本威明, 日本食品科学工学会第62回大会, 京都 2015年8月

Which factors determine happiness?, Shimada, I., Okabe, A., Tagashira, A., Shinohara, I., Tanaka, M., Numata,S., Okamoto, T., The 12th Asian Congress of Nutrition 2015年5月

Degranulation inhibitory activity may depend on peptide binding and peptide sequence, Tanaka, M., Watanabe, H., Kozai, H., Yoshimoto, Y., Shimada, I., Hirouchi, T., Numata, S., Tagashira, A., Okamoto, T., The 12th Asian Congress of Nutrition 2015年5月

One-leg standing time of the affected side is the most predictive factors for post-discharge falls in community stroke patients, Yoshimoto, Y., Ooyama, Y., Tanaka, M., World Confederation for Physical Therapy congress 2015 2015年5月

2型糖尿病患者における食事摂取評価と体組成分析との関連性について, 楠瀬和佳奈, 森本智代, 十萬敬子, 佐賀啓子, 渡邊慶子, 野村眞由美, 田中 守, 菅野 尚, 深田順一, 第34回食事療法学会, 仙台 2015年3月

がん治療時の食事摂取支援食「ぼっちり食」導入の評価, 渡邊慶子, 森本智代, 十萬敬子, 佐賀啓子, 吉松香絵, 楠瀬和佳奈, 安田春奈, 田中 守, 森田荘二郎, 第34回食事療法学会, 仙台 2015年3月

牛乳由来ペプチドの抗アレルギー効果, 田中 守, 渡邊慶子, 渡邊浩幸, 香西はな, 岡本威明, 第34回食事療法学会, 仙台 2015年3月

TNF-α産生抑制及び脱顆粒阻害活性に関する高知県産有用植物の評価研究, 笹沼聖輝, 田中 守, 野口 修平, 菅沼成文, 渡辺高志, 日本薬学会第135年会, 神戸 2015年3月

保健機能食品の分類, 田中 守, 高知県栄養士会生涯教育基本研修 2014年12月21日 高知県栄養士会

2型糖尿病患者における体組成分析と食事摂取評価について, 楠瀬和佳奈, 渡邊慶子, 森本智代, 十萬敬子, 佐賀啓子, 野村眞由美, 田中 守, 菅野 尚, 深田順一, 日本糖尿病学会中国四国地方会第52回総会, 広島 2014年10月

Can students revitalize the rural area through rice project?, Shimada, I., Shikiji, M., Higashida, R., Tanaka, M., Numata, S., Nanbu, M., Shimomoto, K., Takahashi, S., The 6th Asian Congress of Dietetics, Taipei, Taiwan 2014年8月

Simple foods for the elderly: Application of a meat softener to chicken eggs, Shimada, I., Numata, S., Tanaka, M., Hirouchi, T., Watanabe, H., The 6th Asian Congress of Dietetics, Taipei, Taiwan 2014年8月

An analysis of meal images of victims after the great east japan earthquake, Hirouchi, T., Shimada, I., Tanaka, M., Oginuma, K., The 6th Asian Congress of Dietetics, Taipei, Taiwan 2014年8月

Anti-allergic effect of imidazole peptides in vivo and in vitro, Okamoto, T., Hirano, J., Tagashira, A., Sugahara, T., Tanaka, M., The 6th Asian Congress of Dietetics, Taipei, Taiwan 2014年8月

Sensitization and elicitation of an allergic reaction to lysozyme from hen egg white in mice, Tanaka, M., Kozai, H., Yoshimoto, Y., Shimada, I., Hirouchi, T., Tagashira, A., Okamoto, T., The 6th Asian Congress of Dietetics, Taipei, Taiwan 2014年8月

How can we impove eating rate for el,dery? Application of a meat softener to eldery, Shimada, I., Numata, S., Tanaka, M., Hirouchi, T., Tanaka, F., Miyazaki, M., Watanabe, H., The 2nd Asian Food Safety and Security Association, Dong Nai, Vietnam 2014年8月

真空包装が食肉軟化剤の使用に及ぼす影響, 島田郁子, 沼田 聡, 田中 守, 廣内智子, 倉尾 美咲, 木村優美, 平川智依, 藤原沙貴, 渡邊浩幸, 第63回日本食品保蔵科学会, 長野 2014年6月

ヒト好酸球の走化性とIL-8レセプター発現に及ぼす不純物PAAの影響, 田頭歩佳, 田中 守, 岡本威明, 日本家政学会第66回大会, 福岡 2014年5月

In vivo,in vitro系におけるイミダゾールペプチドの抗アレルギー効果, 岡本威明, 平野絢子, 田頭歩佳, 田中 守, 日本家政学会第66回大会, 福岡 2014年5月

中土佐町大野見地区における地域農業活性化の試み-学生プロジェクトを通じて―, 島田郁子, 式地麻湖, 東田理穂, 杉沢江里子, 田中 守, 沼田 聡, 南部 満, 下元和恵, 高橋正二郎, 平成25年度四国公衆衛生研究発表会, 高知 2014年2月

南海地震に向けた災害食の取り組みについて, 田中 守, ゲストスピーカー 2014年1月20日 愛媛大学教育学部

給食管理実習における衛生管理レポートの分析, 島田郁子, 豊福 肇, 沼田 聡, 田中 守, 廣内智子, 日佐和夫, 第62回日本食品保蔵科学会, 山形 2013年6月

災害時に求められる管理栄養士・栄養士の業務に関する検討, 島田郁子, 沼田 聡, 廣内智子, 田中 守, 平成24年度四国公衆衛生研究発表会, 松山 2013年2月

即席カップ麺における減塩方法の提案と官能評価, 田中 守, 廣内智子, 谷川実穂, 佐藤 厚, 成24年度四国公衆衛生研究発表会, 松山 2013年2月

南海地震に向けた災害食の取り組みについて, 田中 守, ゲストスピーカー 2013年1月31日 愛媛大学教育学部

Impact of Peptide from Casein and Peptide-Related Amino Acid on Degranulation in Rat Basophilic Leukemia Cell Line RBL-2H3, Okamoto, T., Tanaka, M., Yamagishi, K., Tone, S., Sugahara, T., The 25th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology, Nagoya, Japan 2012年11月

点字表示食品の市場調査, 廣内智子, 田中 守, 佐藤 厚, 第71回日本公衆衛生学会, 山口 2012年10月

ラット好塩基球様細胞株RBL-2H3の脱顆粒に及ぼす食品ペプチドおよびアミノ酸の影響, 田中 守, 廣内智子, 佐藤厚, 第71回日本公衆衛生学会, 山口 2012年10月

Current State of Measures to Deal with Natural Disasters at Public Universities, Hirouchi, T., Tanaka, M., Shimada, I., Yoshimoto, Y., Sato, A., The 16th International Congress of Dietetics, Sydney, Australia 2012年9月

健康的な食事とダイエット, 田中 守, 高知県立大学健康教育講座 2012年6月28日 高知県立大学

高知県食材を用いた新たな災害食の開発, 佐藤 厚, 廣内智子, 田中 守, 古谷拓郎, 松浦育男, 平岡幸浩, 十川由紀, 町田真之介, 産学連携学会第10回大会, 高知 2012年5月

自治体における災害時要援護者への食支援について, 廣内智子, 田中 守, 佐藤 厚, 平成23年度四国公衆衛生研究発表会, 徳島 2012年2月

公立大学における災害対策の現状, 田中 守, 廣内智子, 島田郁子, 吉本好延, 佐藤厚, 平成23年度四国公衆衛生研究発表会, 徳島 2012年2月

Effects of peptides derived from casein on degranulation in rat basophilic leukemia RBL-2H3 cells, Okamoto, T., Tanaka, M., Nagano, T.,Tanimoto, Y., 5th ICoFF, Taipei, Taiwan 2011年11月

公立大学における災害対策の現状, 廣内智子, 田中 守, 島田郁子, 吉本好延, 佐藤 厚, 第70回日本公衆衛生学会, 秋田 2011年10月

カゼイン由来ペプチドがラット好塩基球様細胞株(RBL-2H3)の脱顆粒に及ぼす影響, 岡本威明, 田中 守, 長野隆男, 谷本泰正, 第84回日本生化学会大会, 京都 2011年9月

ω-5,ω-1,2グリアジンの精製と小麦依存性運動誘発アナフィラキシーに与える影響, 中山祐規子, 田中 守, 長野隆男, 第57回日本家政学会中国・四国支部研究発表会, 山口 2010年10月

ω-5グリアジンが小麦依存性運動誘発アナフィラキシーに与える影響, 長野隆男, 田中 守, 中山祐規子, 矢野博巳, 池田達哉, 春間 賢, 長野隆男, 日本食品科学工学会第57回大会, 東京 2010年9月

小麦依存性運動誘発アナフィラキシーに関する研究, 田中 守, 中山祐規子, 樋渡友美, 長野隆男, おかやまバイオアクティブ研究会 第37回シンポジウム 第4回学生プレゼンテーション, 岡山 2010年6月

Purification and characterization of Gli-B1: A major allergen of wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis

Nakayama, Y., Tanaka, M., Nezu, T., Kato, Y., Ikeda, T., Nagano, T., 101st AOCS Annual Meeting & Expo, Phoenix, Arizona, USA 2010年5月

Is wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis induced by Gli-B1?, Nagano, T., Tanaka, M., Nakayama, Y., Nezu, T., Yano, H., Kato, Y., Matsuda, T., Ikeda, T., Haruma, K., 101st AOCS Annual Meeting & Expo, Phoenix, Arizona, USA 2010年5月

Effect of Gli-B1 on wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis in mice, Tanaka, M., Nakayama, Y., Nezu, T., Kato, Y., Yano, H., Matsuda, T., Ikeda, T., Haruma, K., Nagano, T., 101st AOCS Annual Meeting & Expo, Phoenix, Arizona, USA 2010年5月

小麦グリアジンの消化吸収性, 根津俊大, 田中 守, 長野隆男, 第42回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会. 鳥取 2009年11月

Gli-B1が小麦依存性運動誘発アナフィラキシーに及ぼす影響, 田中 守, 中山祐規子, 根津俊大, 川北愛美, 加藤保子, 矢野博己, 松田 幹, 池田達哉, 春間 賢, 長野隆男, 第42回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 鳥取 2009年11月

Gli-B1の精製と小麦依存性運動誘発アナフィラキシーに与える影響, 中山祐規子, 根津俊大, 田中 守, 池尻有香, 長野隆男, 第56回日本家政学会中国・四国支部研究発表会, 高知 2009年10月

小麦グリアジン感作マウス血清中IgEのキャラクターライゼーション, 田中 守, 中山祐規子, 尾崎絵美, 加藤保子, 松田 幹, 長野隆男, 第63回日本栄養・食糧学会大会, 長崎 2009年5月

小麦依存性運動誘発アナフィラキシーとグリアジン吸収量の関係, 田中 守, 加藤保子, 矢野博己, 松田 幹, 長野隆男, 第12回日本病態栄養学会年次学術集会,京都 2009年1月

小麦グリアジンが運動誘発アナフィラキシーに与える影響, 田中 守, 加藤保子, 矢野博己, 松田 幹, 第62回日本栄養・食糧学会大会, 埼玉 2008年5月

Why wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis is provoked by various wheat processed food, Tanaka, M., Yano, H., Kato, Y., 8th ISEI Symposium, Sendai, Japan 2007年10月

小麦加工食品中に含まれる主要アレルゲンの検討, 田中 守, 阿部優子, 加藤保子, 第61回日本栄養・食糧学会大会, 京都 2007年5月

自発的運動量はアナフィラキシー症状を反映する~ 感作マウスを用いた食物アレルゲン活性評価 ~, 加藤保子, 朱加奈, 田中守, 松田幹, 日本食品免疫学会 第1回学術大会 2005年11月

受賞

2015年11月 The 6th International Conference on Food Factors Poster Award Effect of vitamin E on osteoblast-like MC3T3-E2 cells

2014年8月 The 6th Asian Congress of Dietetics Poster Award Anti-allergic effect of imidazole peptides in vivo and in vitro

社会活動

栄養のおはなし~人間と食品と腸内細菌の相互関係~【講師】春日井西高等学校 2018年11月5日

食品と腸内細菌【講師】愛知工業大名電高等学校 2018年10月4日

ヒトはなぜ食べるのか~栄養学の観点から~【講師】学校法人平山学園 清林館高等学校 2018年5月17日

食品成分と抗アレルギー性【講師】健康食品管理士会四国支部高知県部会 2018年1月21日

食べ物の魅力と食事バランスの大切さについて【講師】高知県立宿毛高等学校 2017年12月13日

食事のバランスと体内時計【講師】高知県立丸の内高等学校 2016年12月12日

高知の食材・食文化~高知県内を探索~【講師】愛媛県立松山東高等学校 2016年12月10日 - 2016年12月11日

地域に根付いた食材・食文化~沢山ある高知の魅力~【講師】愛媛県立松山東高等学校 2016年10月20日

薬の服用と食事について【講師】本山町教育委員会 2016年9月12日

食事バランスの大切さについて【講師】高知県立梼原高等学校 2016年7月5日

平成27年度高知県立大学「科研費」獲得支援助成事業実績報告書【報告書執筆】2016年5月

科学研究費助成事業(科学研究費補助金)研究成果報告書【報告書執筆】2015年6月

第6回アジア栄養士会議に参加して【寄稿】高知県栄養士会 2015年5月

平成26年度高知県産学官連携産業創出研究推進事業(育成研究支援)における委託業務完了報告書【報告書執筆】2015年3月

災害時の食について考えよう~来るべき南海トラフ地震に備えて~【講師】愛媛大学 2014年7月12日

食生活に関するアンケート調査結果について【情報提供】高知県立大学健康長寿 2013年8月30日 - 2014年1月10日

食物アレルギーの現状と対策~安全な生活のために~【講師】土佐市 2013年7月16日

おいしい災害食のススメ~東日本大震災の経験を学んで~【講師】第12回高知ふくし機器展バリアフリーフェスティバル 2013年6月15日 - 2013年6月16日

味覚の不思議【講師】土佐市 2012年10月18日 - 2012年12月10日

東日本大震災から4ヵ月後 -復興に向けて-【寄稿】高知県栄養士会 2012年5月

食の安全性-正しい食生活をおこなうために-【講師】高知医療センター・高知県立大学包括的連携協議会 2012年2月18日

認知症予防の食事について【講師】高知県立大学健康長寿 2011年10月1日

コレステロールのお話~体に良い, 悪いコレステロール知っていますか?~【講師】高知県立小津高等学校 2011年6月30日

Gli-B1が小麦依存性運動誘発アナフィラキシーに与える影響と発症メカニズムの解明【報告書執筆】2011年3月

その他

Anti-allergic Effets of Cirsium maritimum Makino In Vitro and In Vivo, (公社)日本栄養・食糧学会: 栄養・食糧学基金助成国際交流助成, 研究期間: 2017年5月, 代表者: 田中 守

食用カンナの多分野活用の研究, 高知県: 産学官連携産業創出研究推進事業(中期テーマ), 研究期間: 2016年9月 - 2018年3月, 代表者: 渡邊 浩幸

高知県に自生する未利用天然資源の機能性評価-抗アレルギー活性を指標として-, 文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B)), 研究期間: 2016年4月 - 2018年3月, 代表者: 田中 守

スジアオノリ含有水溶性食物繊維の腸内環境及び肌に及ぼす影響, 高知県: 産学官連携産業創出研究推進事業(育成研究支援), 研究期間: 2015年8月 - 2016年3月, 代表者: Ngatu, NR.

迅速で簡便な抗アレルギー活性評価系の構築, 高知県立大学:「科研費」獲得支援助成事業, 研究期間: 2015年7月 - 2016年3月, 代表者: 田中 守

アグリフォレストリーのための森林・有用植物資源の賦存量の評価・予測モデルの構築, 文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 研究期間: 2014年4月 - 2016年3月, 代表者: 高木 万隆

新規卵白アレルゲンL-PGDSの高感度定量法の開発と低アレルゲン化, 文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 研究期間: 2014年4月 - 2016年3月, 代表者: 鈴木 麻希子

新しいタイプの抗アレルギー食品の開発を目指した素材探索, 高知県: 産学官連携産業創出研究推進事業(育成研究支援), 研究期間: 2014年8月 - 2015年3月, 代表者: 田中 守

酵素分解法を用いた保形軟化食材のマニュアル構築に向けて, 公益信託高知新聞・高知放送: 生命(いのち)の基金, 研究期間: 2014年4月 - 2015年3月, 代表者: 島田 郁子

牛乳由来ペプチドはアレルギー症状及び発症を抑制できるのか, 文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B)), 研究期間: 2013年4月 - 2015年3月, 代表者: 田中 守

Gli-B1が小麦依存性運動誘発アナフィラキシーに与える影響と発症メカニズムの解明, 財団法人日本科学協会: 笹川科学研究助成, 研究期間: 2010年4月 - 2011年3月, 代表者: 田中 守

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー