中部大学

中部大学

教員情報

岡本 聡 OKAMOTO Satoshi

プロフィール

生年 1966
出身 三重県
職名 教授
所属 人文学部 日本語日本文化学科
大学院 国際人間学研究科 言語文化専攻
国際人間学研究所
最終学歴 中央大学大学院文学研究科
学位 博士(文学)
所属学会・役職 国際生命情報科学会2011年~(理事)
日本文学協会 会員2004年~
水戸史学会 会員1998年~
俳文学会 会員1992年~(常任委員)
鈴屋学会 会員1992年~(常任委員、編集委員長)
日本近世文学会 会員1989年~(常任委員)
専門分野 日本近世文学
研究テーマ 近世和歌、俳諧
公開連絡先 メールアドレス:choshosi@gmail.com
電話番号:0568518392

著書および訳書

『飛騨高山 地域の産業・社会・文化の歴史を読み解く』(共著 林上編), 風媒社, 2018年

『芭蕉忍者説再考』(単著), 風媒社(中部大学ブックレット), 2018年

『心敬十体和歌―評釈と研究―』(共編著 島津忠夫監修), 和泉書院, 2015年

『「おくのほそ道」と綱吉サロン』(単著), おうふう, 2014年

『香川景樹』[コレクション日本歌人選](単著), 笠間書院, 2011年

『兼載独吟「聖廟千句」第一百韻を読む』(共編著: 大阪俳文学研究会), 和泉書院, 2007年

『木下長嘯子研究』(単著), 株式会社おうふう, 2003年

『長嘯子後集』(単編著), 古典文庫 (651), 2001年

『萩原廣道書翰』(共編著), 中尾松泉堂書店, 2000年

『長嘯子新集 下巻』(共編著), 古典文庫, 1999年

『伊達政宗公集』(共編著: 綿抜豊昭), 古典文庫(615), 1998年

『近世歌学集成』(共編著:近世和歌研究会), 明治書院, 1997年

『越中の歌枕』(共編著: 長崎健、綿抜豊昭), 桂書房, 1997年

『近世初期諸家集』下巻(単編著), 古典文庫(591), 1996年

『近世初期諸家集』上巻(単編著), 古典文庫(587), 1995年

学術論文、評論

「日本における生まれ変わり思想の展開」, 『Mind-Body Science』(人体科学会), 2015年3月

「心敬と伊勢物語注釈―五大思想を底流として―」, 『心敬十体和歌―評釈と研究―』(和泉書院), 2015年2月

「「五大」思想の死生観」, 『アリーナ』12号, 2011年12月

「宇它向月旧蔵『挙白集』をめぐって―付 武島羽衣の『挙白集』秀歌撰―」, 『近世文学研究』第3号(文学史探究の会), 2011年11月

「五大」思想と古典文学」, 『Life Information Science』(国際生命情報科学会)VOL129, 2011年3月

「秋風別墅考」, 『連歌俳諧研究』第120号(俳文学会), 2011年3月

「「五大」思想と芭蕉」, 『アリーナ』10号, 2010年12月

「堀杏庵作徳川義直室春姫追悼歌文をめぐって―付翻刻[春姫追悼歌文]―」, 『近世文学研究』第2号(文学史探究の会), 2010年7月

「小鳥歌合をめぐって」, 『中世近世和歌文学論集』(龍谷大学研究叢書 思文閣出版), 2009年1月

特集 「生と死」を考える―「こころ」の世界 芭蕉の死生観, 『国文学 解釈と鑑賞』(至文堂)73-3, 2008年3月

「特集・旅と文学 木下杢太郎『京阪聞見録』」, 『国文学 解釈と鑑賞』(至文堂)72-4, 2007年4月

「『こほろぎ物語』をめぐる諸問題」, 『中央大学国文』50, 2006年3月

「特集・続・人はなぜ旅に出るのか―近世文学に見る国学者の吉野紀行―本居宣長『菅笠日記』」, 『国文学解釈と鑑賞』(至文堂)71-8, 2005年9月

「特集・宮沢賢治童話の再検討―生誕百十年記念「なめとこ山の熊」, 『国文学解釈と鑑賞』(至文堂)71-9, 2005年8月

「芭蕉俳文における長嘯子受容の背景」, 『雅俗』第10号(九州大学雅俗の会), 2003年3月

「其角俳文における長嘯子受容」, 『国語国文』第71巻第12号(京都大学国語国文学会), 2002年12月

「『先考談餘』中の長嘯子の言説をめぐって」, 『近世初期文芸』第19号, 2002年12月

「安藤定為年譜稿」, 『水戸史学』第57号(水戸史学会), 2002年11月

「須賀直見─大平の師─」, 『国文学解釈と鑑賞』(至文堂), 2002年8月

「木下長嘯子の二条派批判」, 『近世初期文芸』第18号, 2001年12月

「長嘯子門安藤定為の周辺」,『近世初期文芸』第16号, 1999年12月

「黒川文庫本『異本木下長嘯子家集』をめぐって」, 『芦屋女子短期大学研究紀要』24, 1999年11月

「『虫歌合』作者攷」, 『東海近世』第10号, 1999年5月

「『挙白集』成立の周辺」, 『国語と国文学』第76巻4号(東京大学国語国文学会), 1999年3月

「高野幽山年譜稿」, 『大阪俳文学研究会会報』第32号, 1998年10月

「『和歌名所追考』の成立をめぐって─神宮文庫蔵写本を中心に─」, 『連歌俳諧研究』第95号(俳文学会), 1998年8月

「鳥虫あはせをめぐって」, 『近世文芸』第65号(日本近世文学会), 1998年1月

「うなひ松の一異本—付翻刻 天理図書館蔵『若狭前宰相離別三物』─」, 『芦屋女子短期大学研究紀要』22, 1996年3月

「月歌風体攷─長嘯子歌異質性の一側面─」, 『中央大学国文』第39号, 1996年3月

「小沢蘆庵─和歌と歌論の革新性─」, 『国文学解釈と鑑賞』778(至文堂), 1996年3月

「龍谷大学蔵『長嘯家集』の書き入れについて─本文書き入れと慶安版本及び異本『挙白集』─」, 『中央大学国文』第38号, 1995年3月

「龍谷大学蔵『長嘯家集』の書き入れについて─その頭注部分を中心に─」, 『中央大学大学院研究年報』No.24, 1995年3月

「木下長嘯子と『和歌手綱』の作者」, 『長嘯子新集』下巻(近世文芸資料23)古典文庫, 1993年9月

「『挙白集』と『黄葉集』の重複歌について」, 『長嘯子新集』下巻(近世文芸資料23)古典文庫, 1993年9月, (初出『東海近世』第5号 1990年12月)

「『難挙白集』に関する一考察」, 『長嘯子新集』下巻(近世文芸資料23)古典文庫, 1993年9月 (初出『中央大学国文』第33号 1990年3月)

講演、シンポジウム、学会発表

「デヴィットボームの宇宙, 宣長, 守部, 篤胤の宇宙」, 岡本聡, 国際生命情報科学会 ミニシンポ,(於 東邦大学), 2016年3月

ラウンドテーブル〈散在する国学者とその文事〉,「橘守部の文事」, 岡本聡, 日本文学協会,(於 成城大学), 2015年11月

「芭蕉紀行文と藤堂家」, 岡本聡, 講演(於 大垣市 おくのほそ道結びの地記念館), 2015年8月

「芭蕉紀行文と五大思想」, 岡本聡, 講演(於 平塚隆盛寺), 2015年3月

「伊勢物語注釈と五大思想―契沖の「常見」「断見」否定―」, 岡本聡, 国際生命情報科学会 ミニシンポ(於 東邦大学), 2015年3月

「おくのほそ道と綱吉サロン」, 岡本聡, 俳句三重講演(於 アスト津), 2014年12月

「芭蕉紀行文と藤堂家」, 岡本聡, 俳文学会全国大会(於 関西学院大学), 2014年10月

「伊勢商人川喜田家代々の文芸活動」, 石水博物館科研費調査報告展関連シンポジウム(於 津商工会館), 2013年3月

「「五大」思想とビーガン」, 岡本聡, 国際生命情報科学会 ミニシンポ(於 横浜国立大学), 2012年3月

「「五大」思想の周縁」, 岡本聡, 国際生命情報科学会(於 横浜国立大学), 2012年3月

「秋風別墅考」, 俳文学会全国大会(於 四国大学), 2010年10月

「賢治童話の人間関係論」, 日本人間関係学会大会発表(於 北勢病院), 2006年10月

「小鳥歌合」をめぐって, 日本近世文学会春季大会発表(於 専修大学), 2006年6月

「木下長嘯子と伝授」, 和歌文学会全国大会(於 中央大学), 2000年10月

「『鳥虫歌合』をめぐって」, 日本近世文学会春季大会発表(於 秋田経法大学), 1997年6月

「『挙白集』成立の周辺」, 日本近世文学会秋季大会発表(於 甲南女子大学), 1994年11月

「木下長嘯子の異質性」, 和歌文学会 12月例会(於 昭和女子大学), 1992年12月

「木下長嘯子と『和歌手綱』」, 全国大学国語国文学会・中世文学会合同大会発表(於 愛媛大学), 1991年11月

「『難挙白集』に関する一考察」, 日本近世文学会春季大会発表(於 東京学芸大学), 1989年6月

社会活動

石水博物館文学講座(『源氏物語』)

朝日カルチャーセンター名古屋文学講座(『おくのほそ道』)

その他

書評その他

「平成二十二年 国語国文学界の動向 近世韻文 注釈学の豊穣」, 『文学・語学』(全国大学国語国文学会)203, 2012年7月

書評 山口恭子著『松花堂昭乗と滝本流の展開』, 『日本文学』(日本文学協会), 2011年12月

書評 鈴木健一編『江戸の「知」―近世注釈の世界―』, 『日本文学』(日本文学協会), 2011年8月

「御田扇」影印と翻刻, 岡本聡, 『江戸書物の世界 雲英文庫を中心にたどる』(笠間書院), 2010年11月

書評 鈴木淳著『橘千蔭の研究』, 『日本文学』(日本文学協会)55-11, 2006年11月

「影印翻刻『小鳥うた合』」, 『芦屋女子短期大学研究紀要』28, 2006年3月

『近世文学研究事典』, 株式会社おうふう, 2006年2月

書評 鈴木健一著『江戸詩歌史の構想』, 『国語と国文学』(東京大学国語国文学会), 2005年3月

「共同研究 近世板本板元の総合的研究」, 『龍谷大学仏教文化研究所紀要』, 2004年11月

書評 久保田啓一著『近世冷泉派歌壇の研究』, 『日本文学』(日本文学協会)53-3, 2004年3月

『上野市史 芭蕉編』, 上野市編, 2003年3月

「宣長学研究文献目録(抄)」, 『国文学解釈と鑑賞』(至文堂), 2002年8月

『本居宣長事典』, 東京堂出版, 2001年12月

「近世歌書翻刻目録」, 『国文学解釈と鑑賞』778(至文堂), 1996年3月

『似是非物語』翻刻と解題, 『長嘯子新集』下巻(近世文芸資料23)古典文庫, 1993年9月

『長嘯和歌集』翻刻と解題, 『長嘯子新集』下巻(近世文芸資料23)古典文庫, 1993年9月

「岡本文庫俳諧書籍目録」, 『東海近世』第3号, 1990年3月

科学研究費その他

日本学術振興会

日本学術振興会研究成果公開促進費(課題番号265030), 2014年 島津忠夫監修『心敬十体和歌―評釈と研究―』(和泉書院)(研究代表者)

日本学術振興会科学研究費(基盤研究B)(課題番号21320052)(南山大学安田文吉氏他との共同研究)(研究分担者), 2009年度~2012年度 「伊勢商人の文芸活動―石水博物館(津市)所蔵文献資料を手がかりに―」

日本学術振興会科学研究費(基盤研究C)(課題番号19520131)(筑波大学綿抜豊昭氏との共同研究)(研究分担者), 2007年度~2011年度 「寛文期から元禄期にかけての名所記に関する基礎的研究」


日本学術振興会研究成果公開促進費(課題番号155119 2003年 『木下長嘯子研究』(おうふう)(研究代表者)

文部科学省

文部科学省研究費補助金(奨励研究A)(課題番号12710240), 「近世期家集データベース作成の為の基礎的研究」, 2000年度~2001年度(研究代表者)

中部大学

特別研究費(A)(中部大学)(課題番号20ⅡL01A)「異類物歌合に関する基礎的研究」2008年度~2009年度(研究代表者)

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー