中部大学

中部大学

教員情報

橋田 浩 HASHIDA Hiroshi

プロフィール

職名 教授
所属 工学部 建築学科
工学部材料・構造実験施設
大学院 工学研究科 建設工学専攻
最終学歴 東京工業大学大学院理工学研究科建築学専攻
学位 博士(工学)(東京工業大学)
資格 一級建築士、コンクリート主任技士
所属学会・役職 日本建築学会
コンクリート工学会
専門分野 建築材料、コンクリート工学
研究テーマ コンクリートの高付加価値化、収縮ひび割れ制御
研究紹介PDF
授業科目 建築材料、建築工学演習

著書および訳書

建築工事標準仕様書・同解説 JASS 5 鉄筋コンクリート工事(共著), 日本建築学会, 2015

鉄筋コンクリート造建築物の環境配慮施工指針(案)・同解説(共著), 日本建築学会, 2008

鉄筋コンクリート造建築物の収縮ひび割れ制御設計・施工指針(案)・同解説(共著), 日本建築学会, 2006

学術論文、評論

コンクリートのひび割れ抑制方法, 建築技術, 2018.2

円筒型枠を用いた膨張コンクリートの拘束膨張試験方法, コンクリート工学, Vol.52, No.6, 2014

超環境オフィスビルの外観を形成する高強度コンクリート躯体, コンクリート工学, Vol.51, No.3, 2013

超音波振動を用いた再生細骨材製造プロセス, 日本建築学会構造系論文集, No.677, 2012

塗膜防水通気緩衝工法のふくれ圧力低減効果の評価方法の開発, 日本建築学会構造系論文集, No.666, 2011

自己収縮と水和熱膨張による高強度コンクリートの連成ひずみ特性に関する検討, コンクリート工学論文集, Vol.13, No.1, 2002

初期高温履歴を受ける高強度コンクリート構造体の自己収縮応力の算定法に関する検討, 日本建築学会構造系論文集, No.537, 2000

高強度コンクリートを用いた鉄筋コンクリート構造部材の初期ひび割れに関する実験ならびに応力解析, コンクリート工学論文集, Vol.10, No.1, 1999

CEB-FIPモデルを改良した高強度コンクリート構造部材の力学特性発現モデル, 日本建築学会構造系論文集, No.513, 1998

講演、シンポジウム、学会発表

Method for Early Prediction and Reduction of Drying Shrinkage of Concrete, The 3rd IMS International Conference on Application of Traditional and High Performance Materials in Harsh Environments, Sharjah-UAE, 2008.1

A Closed-Loop Concrete System on Construction Site, The Seminar on Recycling of Construction By-Product, Singapore Contractors Association Limited, Singapore, 2005.11

Reduce and Recycle of Construction Waste towards Zero Emission, MBAM 50th Anniversary Convention, Master Builders Association Malaysia, Kuala Lumpur, 2004.6

Deformation Composed of Autogenous Shrinkage and Thermal Expansion due to Hydration of High-strength Concrete and Stress in Reinforced Structures, The 3rd International Seminar on Self-desiccation and Its Importance in Concrete Technology, Lund, 2002.6

受賞

日本建築学会奨励賞, 1993

日本コンクリート工学協会賞(論文賞), 2003

日本コンクリート工学協会賞(技術賞), 2003

日本コンクリート工学会賞(技術賞), 2014

日本コンクリート工学会賞(功労賞), 2015

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー