研究の適正な推進について

適正な研究活動が推進するために

中部大学では、近年、国内外において問題となっている研究活動や研究費の使用に関して研究者の倫理に反する行為を防ぎ、研究者が自ら高い倫理意識を持って研究を推進すると同時に、研究機関である中部大学も責任ある対応をしていくため、以下のように行動規範を定めています。

研究者の倫理について

中部大学は、研究者が高い倫理意識を持ち、適正に研究活動を推進していくため、研究者の行動規範を定めました。

社会連携ポリシー

中部大学は、社会連携を進めるに当っての基本的姿勢及び研究者倫理を明らかにするため本学における社会連携ポリシーを定めました。

知的財産ポリシー

中部大学は、本学における知的創作物に関し、適切な範囲で知的財産権として保護し、有効な利用を促すために知的財産ポリシーを定めました。

利益相反ポリシー

中部大学は、社会連携の推進に際し、利益相反に関して本学教職員が取組むべき姿勢と対処するためのルールを利益相反ポリシーとして定めました。

中部大学における研究上の不正行為防止への取り組み

中部大学では、本学における研究上の不正行為防止や不正行為が生じた場合の措置等に関し必要な事項を定めました。

競争的研究資金等の使用について

中部大学は、公的研究資金を受ける研究者に対し、適切に研究が推進されていくため、次のように定めています。

  1. 物件購入と納品検収制度について
  2. 人件費・謝金について
  3. 旅費について
  4. 図書資料購入について 他