学芸員課程

学芸員課程とは

民族資料博物館

「学芸員」とは、博物館資料の収集、保管、展示および調査研究、その他関連する事業について専門的事項をつかさどる専門職員です。貴重な資料を扱って研究したり、人に説明する仕事であるため、高い専門性と知識が求められます。

学芸員の資格を取得するには、主に大学で文部科学省の定める博物館に関する科目の単位を修得し、学士の学位を得る方法と文部科学省が行う「学芸員資格認定」に合格する方法があります。
中部大学では、学芸員を目指す学生のために学芸員課程を設置しています。博物館に関する科目を履修するには、1年次秋学期に開催される登録説明会への参加、受講登録が必要です。

博物館とは

一般的に「博物館」とは、人文系の博物館や自然科学系の博物館、また両方を展示している総合博物館を指しますが、これ以外にも美術館や記念館、植物館、動物館、水族館、天文館も「博物館」に含まれます。
厳密な「博物館」とは、歴史、芸術、民俗、産業、自然科学等に関する資料を収集し、保管し、展示して教育的配慮の下に一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーションなどに資するために必要な事業を行い、これらの資料に関する調査研究を行う機関をいいます。

学芸員資格を取得できる学部・学科

学芸員資格を取得するための学芸員課程に取り組めるのは、専門科目の関係上以下の学部に限定しています。

学部学科
国際関係学部国際学科
人文学部日本語日本文化学科
コミュニケーション学科
歴史地理学科
応用生物学部環境生物科学科

学芸員課程開講科目

学芸員課程の開講科目は入学年度、在籍する学科によって異なります。必ず入学年度の学生便覧を参考にしてください。