Psychology Psychology

Psychology

心理学科

心理学科

基礎心理学を修得し、現代の“こころ”を探求できる人材を育成

基礎的な研究方法や技術を学び、認知、教育、文化、発達、社会、臨床などの各分野の専門知識を深く理解し、また統合し、こころの問題に対処できる力量をもった健全で成熟した社会人を育成します。

お知らせ

    01学科の概要

    卒業までに何が得られるの?
    [学びのポイント]

    学びのポイント1

    POINT 1

    社会で役立つ心理学の知識を備え、調査・情報収集力を駆使して問題を発見し、ICT活用力によって問題を分析することで正確に把握し、解決法を模索できるようになります。

    学びのポイント2

    POINT 2

    クリティカル思考力、企画・計画力、コミュニケーション力、プレゼンテーション力などの能力を獲得し、説得力をもって現代社会における心理学的な課題への解決法を提案できるようになります。

    学びのポイント3

    POINT 3

    自己理解力に基づいて自己の立場を明確にしつつ、多様な人の立場を尊重し、ディスカッション力を駆使して協働で心理学的な課題に対処して社会に貢献する姿勢を身につけます。

    学びのポイント4

    POINT 4

    傾聴・受信力や課題設定力を獲得し、幅広い関心や視野から現代社会の心理学的な課題を系統立てて捉え、自ら解決する意欲をもつことができるようになります。

    就職・キャリアデータ

    取得が期待される資格

    • 高等学校教諭一種免許状「公民」
    • 認定心理士
    • 司書
    • 公認心理師(諸要件を満たした学生のみ国家試験の受験が可能)

    ●は所定の単位を修得後に資格取得が可能なもの。()内は実務経験年数。
    〇は受験(受検)資格の取得が可能なもの。()内は実務経験年数。
    ◎はその他、各学部・学科に関連する資格(受検資格を要しないもの)。
    *は文部科学省設定のガイドラインに従い、日本語教養講座を設置する。希望者は申請手続きを行うことで、所定の単位取得後に日本語教員育成講座の終了証明書が交付されます。

    想定される主な進路

    就職率 98.6%(就職者数 / 就職希望者数)

    • 刈谷豊田総合病院
    • 岐阜信用金庫
    • 岐阜トヨタ自動車(株)
    • JAひだ
    • 社会福祉法人愛生福祉会
    • 上新電機(株)
    • (株)スギ薬局
    • 住友生命保険(相)
    • (生協)コープあいち
    • 積水ハウス(株)
    • セコムジャスティック(株)
    • 中央出版(株)
    • (株)ティーガイア
    • 東海マツダ販売(株)
    • 東春信用金庫
    • 中北薬品(株)
    • 中日本フード(株)
    • 日本郵便(株)
    • 矢崎総業(株)
    • 愛知県警察本部
    • 掛川市役所
    • 袋井市役所
    • 愛知淑徳大学大学院
    • 鳴門教育大学大学院 ほか
    就職率グラフ

    STUDENT’S VOICE

    人文学部 心理学科

    グループ学習などの実践を経験しながら、公認心理師の資格取得を目指す。

    中学校のときに先生に支えられた経験から、人を精神的にサポートできる心理学に興味を持ちました。面接の演習では、グループでお互いにカウンセリングの様子を分析。自分だけでは気がつかないような、良い点と改善点が分かったことが印象的でした。心理学科専用の実験棟があり、実際に箱庭を使用できるなど、充実した学びの環境が気に入っています。

    02科目・カリキュラム

    • 紹介しているカリキュラムは、2022年度の内容です。
    • 全学共通教育科目・人文学部共通教育科目は除きます。

    実験や調査に取り組むことで、心理学への理解を体験的に深め、データの統計・分析力も養います。基礎科目で心理学の多面性を学び、自身の志向を明確にします。

    心理学基礎科目

    心理学基礎科目

    心理学概論

    心理学統計法

    臨床心理学概論

    心理学統計法応用

    心理データ解析A

    心理学発展科目

    基礎心理学

    感情・人格心理学

    知覚・認知心理学

    社会・集団・家族心理学

    学習・言語心理学

    障害者・障害児心理学

    発達心理学

    実践心理学
    心理学関連科目

    学科専門教育科目

    心理学特別講義科目
    実習演習科目

    心理演習(実験)

    心理演習(調査)

    関連科目

    社会学

    世界の中の日本(歴史)

    その他

    統計学を基礎から学びます。ノウハウやデータ収集・分析などの情報処理技術はもちろん、企業が実際に使用している専門統計ソフトで高度なデータ解析を行います。

    心理学基礎科目

    心理学基礎科目

    心理データ解析B

    心理学史

    心理学研究法

    心理学実験

    心理学発展科目

    基礎心理学

    教育心理学A

    教育心理学B

    心理学的支援法

    認知科学

    神経・生理心理学

    心理的アセスメント

    文化心理学

    社会心理学

    実践心理学
    心理学関連科目

    精神疾患とその治療

    人体の構造と機能及び疾病

    学科専門教育科目

    心理学特別講義科目

    キャリアディベロップメント特講A

    実習演習科目

    心理演習(認知) 

    心理学プレゼミナールA

    心理学プレゼミナールB

    関連科目

    行動科学A

    行動科学B

    現代社会と福祉

    法学概論

    政治学概論

    表現と倫理

    現代思想

    地域と環境

    日本地誌

    技術の歴史

    アジアの歴史A

    ヨーロッパの歴史

    地域と都市

    その他

    ゼミナールに所属します。多くのゼミナールは10人程度の小さな集まりで、教員との距離が近いのが特徴です。各自テーマをしぼり、専門的な研究学修を展開していきます。

    心理学基礎科目

    心理学基礎科目

    公認心理師の職責

    心理学発展科目

    基礎心理学

    生涯発達心理学

    認知心理学文献講読

    実践心理学

    福祉心理学

    教育・学校心理学

    司法・犯罪心理学 

    産業・組織心理学

    健康・医療心理学

    心理学関連科目

    関係行政論

    学科専門教育科目

    心理学特別講義科目

    キャリアディベロップメント特講B

    応用心理学特講

    実習演習科目

    心理演習(査定) 

    心理演習(面接)

    心理学ゼミナールⅠ

    心理学ゼミナールⅡ

    関連科目

    哲学概論

    経済学概論

    女性の歴史

    その他

    3年次までに身につけた知識や技術を使って卒業研究に取り組みます。余裕があれば、他学科の授業を受けて、幅広い知識を深めるのもおすすめです。

    心理学基礎科目

    心理学基礎科目

    心理学発展科目

    基礎心理学
    実践心理学
    心理学関連科目

    学科専門教育科目

    心理学特別講義科目
    実習演習科目

    心理実習

    関連科目
    その他

    卒業研究

    学ぶ科目の例

    心理演習(実験)

    心理演習(実験)

    少人数グループで知覚心理学、認知心理学、社会心理学に関わる基礎的な実験を行い、データを収集・分析します。さまざまなテーマの実験で知識を広げ、コンピュータを用いて分析・まとめ作業を繰り返すことで技術が身につきます。

    心理演習(調査)

    心理演習(調査)

    心理学の実践現場で用いられる調査の手法を学びます。少人数グループでアンケートを作成・配付、データを分析し、研究の仕方を理解します。さらに、その結果を卒業論文と同じ形式のレポートにまとめます。

    公認心理師の職責

    公認心理師の職責

    2018年度から新設された「公認心理師」資格取得を目指すための必修科目です。幅広い分野で心理的な支援を専門とする、国家資格職としての具体的な職務内容や役割、法的義務、職業倫理などを修得します。

    03学科の特長

    こころの問題に対処できる力量をもった健全で成熟した社会人を育成

    公認心理師カリキュラムに対応。

    心理演習(査定)
    心理演習(査定)では、心理師に必要な投影法や知能検査法・描画法を学びます。心理検査を体験的に学び、さらには心理検査の分析や解釈の方法について学修します。

    公認心理師資格に必要な科目
    公認心理師は、心理学の専門家として心の支援が必要な方への援助を行う国家資格です。公認心理師になるために学部で必要な科目は25科目あります。中部大学心理学科では、公認心理師資格取得に向けたカリキュラムに力を入れています。まずは心理学の基礎的な知識や考え方を学び、その上で「臨床心理学概論」「心理的アセスメント」など心の支援についての科目を学んでいきます。特に実習・演習科目では受講生をグループに分け、少人数での密度の濃い授業を展開しています。また、中部大学は2020年度より鳴門教育大学大学院との提携を結び、公認心理師となるための大学院への進学もバックアップしています。心理実習では、実習生として公認心理師の現場に赴きます。見学や実際に支援者として関わる実習をとおして、公認心理師の専門的な役割について深く学びます。中部大学では、総合病院の精神科などの医療領域10機関・児童養護施設など福祉領域4施設・教育領域2施設・司法領域3施設が実習先となっています。

    心理演習(面接)

    心理演習(面接)では、事例をもとに公認心理師の支援についてディスカッションを行います。

    実際の心理支援場面を想定したロールプレイング

    実際の心理支援場面を想定したロールプレイングを実施し、クライエント役とセラピスト役の両方を体験します。ロールプレイングの内容について動画をもとにディスカッションし、心理的な支援者としてのトレーニングを積みます。

    堀 匡 准教授
    堀 匡 准教授 Masashi Hori

    心理学科では、人間の行動の理解や心の探求方法、対人支援に関わる基礎的な知識とスキルなどを学びます。将来公認心理師を目指す人だけでなく、一般就職を希望する人にとっても役に立つ内容であると思います。そして、授業をとおして人と関わることへの関心をより深めてもらえればと思います。

    特色ある取り組み

    心理学実験棟

    心理学実験棟

    心理学実験棟で実験・実習をサポート。

    大型スクリーンなどの視聴覚システムが整った心理データ分析室をはじめ、個別でPCを用いた実験ができる実験室、検査器具を備えた面接室を完備し、専門的な教育を実践しています。

    資格取得

    資格取得

    学修成果の証としての資格取得をバックアップ。

    心理学科で取得可能な心理学検定、認定心理士については、学科でさまざまな支援を行っています。所定の単位を取得することで、高等学校教諭一種免許「公民」や司書の資格を取得することも見込めます。

    多様なキャリア選択

    多様なキャリア選択

    心理学科の強みを生かす多様なキャリア選択。

    心理学特別講義科目「キャリアディベロップメント特講A・B」でキャリアに対する興味や能力を伸ばします。現場経験が豊富な教員を招いて個別面談を行うなど、キャリア選択をサポートします。