Graduate School of Engineering Graduate School of Engineering

Graduate School of Engineering

工学研究科

地球的視野でのぞむ科学技術の主翼を担う創造的工学へ

工学研究科は8専攻を設置、学部と連携した教育・研究体制を実現しています。優れた教授陣や最新鋭の研究・実験施設、豊富な研究資料など充実した環境の下で、ナノテクノロジーや超伝導などの先端的な開発研究をはじめ、人類が直面する諸問題に取り組む技術者や研究者の育成に努めています。

工学研究科の特長

科学技術の利用がグローバル化するにともない、広範囲の基礎知識と高度な専門的知識が工学分野で益々必要となってきています。 本研究科では、幅広い視野と基礎知識、高度な専門知識とその応用力を修得し、時代の要請に応え、さらに時代を先取りする工学的技術開発とそれを支える基礎学理の教育研究を行って、地域社会から国際社会に至るまでの広い分野において柔軟に活躍でき、人類福祉の増進に貢献できる技術者、研究者を育てることを目的としています。

教育内容の特色

工学研究科では、機械工学専攻,電気電子工学専攻、建設工学専攻、応用化学専攻、情報工学専攻、創造エネルギー理工学専攻、ロボット理工学専攻、宇宙航空理工学専攻(※)の8専攻を設けています。
博士前期課程では、技術・研究開発でプロジェクトリーダーとして活躍でき、工学的技術と基礎学理を維持発展させる高度な技術者の育成を主目的にしています。
また、博士後期課程では新たな工学的技術とその基礎学理を創造的に発展させる能力のある技術者・研究者及び教育者を育成することを主目的にしています。

基礎情報

開設年1971(昭和46)年
取得可能な学位博士前期課程:修士(工学)
修士課程 宇宙航空理工学専攻:修士(工学)
博士後期課程:博士(工学)

入学定員

課程合計機械工学専攻電気電子工学専攻建設工学専攻応用化学専攻情報工学専攻創造エネルギー理工学専攻ロボット理工学専攻宇宙航空理工学専攻
博士前期課程(修士課程)88人10人18人16人10人16人6人12人12人
博士後期課程28人4人4人4人4人4人4人4人

専任教員数

教授准教授講師合計
84人24人5人113人

入試情報

中部大学の各研究科入試情報はこちらからご覧ください。