Department of Mechanical Engineering Department of Mechanical Engineering

Department of Mechanical Engineering

機械工学専攻

機械工学の基礎を重視するとともに独創的な専門研究へ

機械工学の基礎を重視するとともに独創的な専門研究を行い、進歩・発展する社会のニーズにも対応できる創造性豊かな人材を育成しています。後期課程ではさらに高度な先端技術を推進する技術者および研究者の養成を目指しており、優れた諸設備を利用した研究・教育を行っています。

お知らせ

    機械工学の各基礎分野に関する深い理解と
    視野の広い思考・想像力を身につける

    「設計工学」「エネルギー工学」「生産工学」「精密工学」の4分野で構成され、機械工学の基礎を重視するとともに独創的な専門研究を行い、進歩・発展する社会のニーズにも対応できる創造性豊かな人材を育成しています。

    専攻の紹介

    設計工学分野

    機械部品・装置・システムの設計を行う際には、非常に広い範囲の課題を考慮に入れる必要がある。本分野では材料力学、機械力学、制御工学に関する広い分野の研究・教育を行う。機械装置を安全に使用するための疲労損傷評価法、ひずみ・変形計測法の開発などに関する研究を行っている。
    また、複合材料あるいは回転体の振動解析などに関する研究、マニピュレータのリンクや自律型ロボットの運動制御および学習制御に関する理論的解析などを行っている。

    エネルギー工学分野

    本分野では、持続可能な社会の実現を目指し、熱や流体に関係する基礎的あるいは応用的な研究教育を行っている。
    主なテーマは、固体面上での液滴や液膜界面の挙動解明のための可視化計測・分子動力学シミュレーション、再生可能資源から作製したガス状・液状燃料を直接燃料とする燃料電池電極の研究開発、微小拡散火炎による熱流体システムの研究開発などが挙げられる。

    生産工学分野

    本分野では、産業の基盤を支える機械工業を中心にしたものづくり技術の研究開発・教育を行っている。
    主なテーマは、切削や砥粒による加工現象に着目した新しい高精度・高品質・高機能化機械加工技術の開発、軽量化、高精度化に重点をおいた塑性加工技術の開発、および生産システム最前線の環境親和・知能化機械加工システムに関する研究などであり、地域の産業振興にも貢献している。

    精密工学分野

    本分野では、宇宙X線望遠鏡・X線顕微鏡・極端紫外光リソグラフィ・遠紫外リソグラフィ・レーザ核融合研究施設・液晶プロジェクタ・DVD・ディジタルカメラなどに応用できる超精密加工法と加工装置ならびに超精密計測法の研究・開発を行っている。
    特に、非球面光学素子、光学多層膜、超平滑面の創成に技術的優位性があり、これらの表面をサブナノメートルスケールで創成するとともに、ナノ構造評価を行っている。研究は、温度・湿度・振動が制御されたクリーンルーム内で行われ、非線形光学結晶を用いた遠紫外レーザやフェムト秒レーザによるマイクロマシニング法の開発も行っている。