Applied Chemistry Applied Chemistry

Applied Chemistry

応用化学科

応用化学科

化学を環境に生かす視点で問題解決能力の高い化学技術者・研究者を育成

多くの実験を経験し、最先端の化学に触れながら、環境化学、物理化学、無機化学、有機化学、化学工学の基礎から専門に至る深い知識を修得し、機能物質、複合材料、エネルギー、環境、化学計測などの幅広い分野に精通した化学技術者・研究者を育成します。

01学科の概要

卒業までに何が得られるの?
[学びのポイント]

学びのポイント1

POINT 1

調査・情報収集力、課題設定力、企画・計画力、ICT活用力、デザイン力など、社会で必要とされるさまざまな能力を身につけ、安心・安全かつ快適な社会基盤の整備に貢献できる化学技術者・研究者を目指します。

学びのポイント2

POINT 2

化学技術が人間社会、自然環境に及ぼす影響を理解し、プレゼンテーション力・論理的思考力など、知識・技能を最大限に活用するための能力を身につけ、持続発展可能な地球環境の開発・保全に貢献できるリーダーを目指します。

学びのポイント3

POINT 3

コミュニケーション力、ディスカッション力、傾聴・受信力を活用し、多様な人の立場を尊重し、チームワーク力を発揮して協働で物事に対処できる、国際性も視野に入れた化学技術者・研究者を目指します。

就職・キャリアデータ

取得が期待される資格

  • 高等学校教諭一種免許状「理科」
  • 高等学校教諭一種免許状「工業」
  • 技術士補(スペシャリストコース修了生は申請により取得可) 
  • 毒物劇物取扱責任者
  • 作業環境測定士(1年以上)
  • 甲種危険物取扱者

●は所定の単位を修得後に資格取得が可能なもの。()内は実務経験年数。
〇は受験(受検)資格の取得が可能なもの。()内は実務経験年数。
◎はその他、各学部・学科に関連する資格(受検資格を要しないもの)。
*は文部科学省設定のガイドラインに従い、日本語教養講座を設置する。希望者は申請手続きを行うことで、所定の単位取得後に日本語教員育成講座の終了証明書が交付されます。

想定される主な進路

就職率 100%(就職者数 / 就職希望者数)

  • アピ(株)
  • エスケー化研(株)
  • 菊水化学工業(株)
  • 岐セン(株)
  • 岐阜プラスチック工業(株)
  • 山九(株)
  • 三甲(株)
  • (株)三和化学研究所
  • 敷島製パン(株)
  • ダイハツ工業(株)
  • 大和化成工業(株)
  • 中京化成工業(株)
  • (株)デンソー
  • 東亞合成(株)
  • トリニティ工業(株)
  • (株)ノーリツ
  • (株)パイロットコーポレーション
  • 東山フィルム(株)
  • フタムラ化学(株)
  • 可児市役所
  • 愛知県高等学校教員
  • 三重県高等学校教員
  • 中部大学大学院
  • 信州大学大学院 ほか
就職率グラフ

STUDENT’S VOICE

工学部 応用化学科

授業から将来の大学院進学・就職まで、親身になってくれる先生・先輩がいる。

印象に残っている授業は、学生実験です。座学で学ぶ内容が実験にもリンクしているため、化学反応をより深く理解することができました。また実験中は、先生以外にもサポートのために大学院生の先輩方が近くにいるので、疑問があればすぐに聞けることが魅力です。大学院進学や就職について困ったときにも、親身に相談に乗ってくれる先生・先輩がいます。

02科目・カリキュラム

  • 紹介しているカリキュラムは、2022年度の内容です。
  • 全学共通教育科目・工学部共通教育科目は除きます。

「スタートアップセミナー」を開講し、化学の魅力や面白さ、興味を引き出します。実験と講義による基礎科目の授業で応用化学の基礎となる知識・技術を身につけます。

学科専門教育科目

応用化学基礎

基礎分析化学

基礎無機化学

基礎有機化学

無機化学
有機化学
物性化学
環境化学工学
応用化学実験

応用化学分析実験

応用化学一般
その他

無機・有機・物理・分析の各分野で徹底した基礎教育を行います。少人数で基礎から専門までの実験を行うことで、自ら考えて調べる創成的な要素も取り入れています。

学科専門教育科目

応用化学基礎

基礎物理化学

基礎化学工学

無機化学

無機化学A

無機化学B

無機化学演習

材料化学

有機化学

理論有機化学

有機化学A

物性化学

物理化学A

環境化学工学

分析化学

化学工学A

応用化学実験

無機化学実験A

無機化学実験B

有機化学実験A

有機化学実験B

物理化学実験A

物理化学実験B

応用化学一般

生物概論

地学概論

その他

春学期には「エンジニアコース」と「スペシャリストコース(JABEE準拠コース)」に分かれ、これまで学んだ基礎知識・技術を生かして応用化学を深く学びます。

学科専門教育科目

応用化学基礎
無機化学

無機プロセス化学

有機化学

有機化学B

有機化学C

有機化学演習

生物有機化学

物性化学

物理化学B

物理化学演習

物性化学

電気化学

環境化学工学

機器分析化学A

機器分析化学B

化学工学B

化学工学C

化学工学演習

応用化学実験

化学工学実験

有機合成化学実験

材料化学実験

応用化学創成実験

創成実習

応用化学一般

応用化学セミナー

化学英語セミナーA

化学英語セミナーB

機械工学概論

電気工学概論

総合工学概論

その他

基盤科学・生体機能、先端材料、環境調和の3分野からテーマを決め、それぞれの研究室で卒業研究に取り組みながら実践的な知識・技術を身につけます。

学科専門教育科目

応用化学基礎
無機化学
有機化学

有機材料化学

物性化学

セラミック材料

高分子化学

環境化学工学

環境化学

応用化学実験
応用化学一般

バイオテクノロジー

その他

卒業研究

学ぶ科目の例

応用化学実験

応用化学実験

1年次に学ぶ基礎化学実験や応用化学分析実験をはじめ、有機・無機・物理化学や化学工学の分野におけるさまざまな実験を行い、化学を学ぶ楽しさを感じながら幅広い知識・技術を修得することができます。

コア科目(応用化学基礎)

コア科目(応用化学基礎)

1年次から2年次にかけて、無機化学、有機化学、物理化学、分析化学、化学工学の各分野の基礎をしっかりと学び、その後の専門科目の履修へとスムーズにつなげていくことができます。

創成実習

創成実習

企業などの現場にて、実際に働く方々と共同で実習・探求し、課題を見いだし、解決策を導きます。最終的にプレゼンテーションを行うことにより、発信能力も養います。

03学科の特長

基礎から応用へつながる実験プロセスで、思考が高度に深まる

入学当初から多くの基礎実験を行うとともに、3年次には研究テーマを決めながら試行錯誤する創成実験を通し、自分で問題提起し実験で検証する応用力を身につけます。

応用化学実験 4年間のステップ

1年次

化学の魅力や面白さを感じる導入的な実験、用意されたテキストに沿って、器具やデータの測定・分析方法なども学びます。

2年次

さまざまな基礎実験を経験します。調査や問題解決といった目的に沿う実験を行い、得た結果について考察する意識を身につけます。

3年次

2年次の基礎実験を発展させた実験を行いつつ、秋学期からは自らテーマを決めて実験に取り組み、卒業研究へのイメージを膨らませます。

4年次

卒業研究では計画的に実験を重ね、結論を導き出します。豊富な実験経験を生かし学生の多くが的確に実験を行っています。

研究に必要な英語の文献を翻訳

研究に必要な英語の文献を翻訳し、実験ノウハウや論文作成法を修得します。

機能性薄膜を作る研究

デバイスの小型化・高集積化に不可欠な機能性薄膜を作る研究も行っています。

高機能材料を開発する研究

環境に優しい物質で高機能材料を開発する研究も行うことができます。

卒業研究を先取りした創成実験で高度な応用力・思考力を鍛える。

応用化学創成実験
応用化学創成実験

応用化学創成実験
1年次から2年次の実験は基本を確認しながら学びます。3年次秋に各研究室へ仮配属され、個別に指導を受けながら半年をかけ、自分なりのテーマを見出して思考実験を繰り返す創成実験をとおし、研究への向き合い方や思考の組み立て方、失敗のリカバリーの仕方、ノウハウなどを積み上げます。卒業研究時には3年次の研究をさらに深めたり高度に発展させるなど、応用力を高めます。

研究室紹介

饒村 修研究室

饒村 修研究室

元素の特性を生かした機能創出を狙う機能性有機化合物の開発。

セレンなどのヘテロ原子を組み込んだ新規有機化合物を合成し、その特異な分子構造や反応性に関する研究を行っています。元素の特性を生かした新しい機能の創出を目指しています。

山田 直臣研究室

山田 直臣研究室

電気が流れる透明な材料など、ありふれた元素を基に新たな材料を開発。

スマートフォンやパソコンに必ず使用されている「電気が流れる透明な材料」についての研究など、ありふれた元素だけを基に新たな材料開発を行っています。

石川 英里研究室

石川 英里研究室

金属酸化物クラスターの触媒や固体電解質としての機能向上を目指す。

金属イオンの自己集合化反応を利用して、複数の種類の金属を組み合わせたさまざまな形を持つ大きな金属酸化物クラスターを合成し、新しい触媒や固体電解質などの開発を行います。