Astronautics and Aeronautics Astronautics and Aeronautics

Astronautics and Aeronautics

宇宙航空理工学科

宇宙航空理工学科

宇宙機・航空機の生産・開発の現場で活躍する「ものづくり」のリーダーを育成

機械工学に加え、電子・情報工学分野の専門知識を修得し、宇宙機や航空機、自動車・生産機械・電子機器などの設計・生産・情報処理部門のリーダーとしてグローバルに活躍できるエンジニアを目指します。

お知らせ

    01学科の概要

    卒業までに何が得られるの?
    [学びのポイント]

    学びのポイント1

    POINT 1

    航空宇宙産業だけでなく、自動車・電子機器などのものづくり分野のエンジニアに必要とされる機械・電気・電子・情報分野の専門知識を複合的に修得し、実践的応用力を身につけた広く活躍できる人材を育成します。

    学びのポイント2

    POINT 2

    宇宙機・航空機の研究・開発に関連した大型装置が充実した実験棟で、学生実験や卒業研究を行います。航空宇宙や自動車産業で標準とされるMATLABやCATIAも学修します。

    学びのポイント3

    POINT 3

    航空宇宙産業の集積地という立地を生かし、工場見学や実習、外部講師による特別講義を通じて、企業で活躍されている技術者から直接学ぶことができます。米国などでの海外研修などにも力を入れています。

    就職・キャリアデータ

    取得が期待される資格

    • CATIA認定技術者
    • 航空無線通信士
    • CAD利用技術者
    • 高圧ガス製造保安責任者
    • 情報処理技術者
    • 火薬類取扱保安責任者
    • 機械設計技術者
    • 第三種電気主任技術者
    • 航空特殊無線技士

    ●は所定の単位を修得後に資格取得が可能なもの。()内は実務経験年数。
    〇は受験(受検)資格の取得が可能なもの。()内は実務経験年数。
    ◎はその他、各学部・学科に関連する資格(受検資格を要しないもの)。
    *は文部科学省設定のガイドラインに従い、日本語教養講座を設置する。希望者は申請手続きを行うことで、所定の単位取得後に日本語教員育成講座の終了証明書が交付されます。

    想定される主な進路

    就職率 100%(就職者数 / 就職希望者数)

    • アイコクアルファ(株)
    • シーキューブ(株)
    • 新日工業(株)
    • シンフォニアテクノロジー(株)
    • セントラルヘリコプターサービス(株)
    • 大同メタル工業(株)
    • 竹田設計工業(株)
    • (株)タマディック
    • (株)中電シーティーアイ
    • (株)トーテックアメニティ
    • (株)バッファロー
    • 富士フイルムビジネスイノベーションジャパン(株)
    • フジワラ(株)
    • (株)放電精密加工研究所
    • (株)マクシスエンジニアリング
    • 三菱電機ソフトウエア(株)
    • ヤマザキマザック(株)
    • (株)流機エンジニアリング
    • (株)YDKテクノロジーズ
    • 中部大学大学院
    • 名古屋大学大学院
    • 信州大学大学院 ほか
    就職率グラフ

    STUDENT’S VOICE

    工学部 宇宙航空理工学科

    「ものづくり」と「未知なるもの」、その両方が学べる。最新機器の充実と特別講師の豪華さに驚いた。

    工作などの「ものづくり」と、宇宙という「未知なるもの」。子供の頃から好きなその二つを同時に学べると考え、この学科を選びました。実習でフライトシミュレーターなどの最新機器を使用できるほか、宇宙・航空分野の特別講師による講演会も行われます。ここでの学びを最大限に生かし、将来は宇宙航空産業の分野で働きたいです。

    02科目・カリキュラム

    • 紹介しているカリキュラムは、2022年度の内容です。
    • 全学共通教育科目・工学部共通教育科目は除きます。

    宇宙航空理工学概論では機械・電子情報各分野の基礎的内容を理解します。力学基礎や機械製図などものづくりの基礎となる科目を学修し、機械実習では機械加工も修得します。

    学科専門教育科目

    理学

    力学基礎

    力学基礎演習

    空力・推進
    材力・構造・生産工学

    材料力学

    材料力学演習

    制御・飛行力学・宇宙
    航空宇宙機設計

    機械製図

    総合宇宙航空理工学

    宇宙航空理工学概論

    機械実習A

    機械実習B

    その他

    各種力学の応用的内容、電気系の内容を学びます。小グループに分かれての学生実験、工場見学や実習、CAD、CATIAなど多彩な学びもあります。

    学科専門教育科目

    理学

    振動・波動学

    電磁気学

    電磁気学演習

    空力・推進

    流体力学

    流体力学演習

    空気力学

    熱力学

    熱力学演習

    宇宙航空プラズマ理工学

    材力・構造・生産工学

    構造力学

    構造力学演習

    制御・飛行力学・宇宙

    制御工学

    制御工学演習

    電気・電子回路

    電気・電子回路演習

    航空宇宙機設計

    CAD・CATIA

    総合宇宙航空理工学

    宇宙航空理工学実験A

    宇宙航空理工学実験B

    工場見学 工場実習A

    宇宙航空理工学科学技術英語A

    その他

    1、2年次での基礎的な専門科目を生かし、ロケット工学や設計演習といった応用的な専門科目を学びます。またソフトウエアに関する専門科目の授業がスタートします。

    学科専門教育科目

    理学
    空力・推進

    伝熱工学

    ジェットエンジン

    材力・構造・生産工学

    航空宇宙材料

    航空宇宙機生産工学

    制御・飛行力学・宇宙

    飛行力学

    MATLAB演習

    メカトロニクス

    宇宙航空デバイス

    ソフトウエア

    宇宙航行・宇宙利用

    宇宙空間情報応用

    航空宇宙機設計

    航空宇宙機設計演習

    ロケット工学

    衛星システム

    ヘリコプター工学

    装備品

    総合宇宙航空理工学

    宇宙航空理工学特別講義A

    宇宙航空理工学特別講義B

    工場実習B

    経営工学

    宇宙航空理工学科学技術英語B

    宇宙航空理工学科学技術英語C

    その他

    研究室に所属し、卒業研究に取り組みます。新たな知の発見を目的とする基礎研究から、JAXAや航空宇宙関連企業などとの共同研究まで、分野・内容を興味に合わせて選択可能です。

    学科専門教育科目

    理学
    空力・推進
    材力・構造・生産工学
    制御・飛行力学・宇宙
    航空宇宙機設計
    総合宇宙航空理工学

    先端宇宙航空理工学

    その他

    卒業研究

    学ぶ科目の例

    材料力学

    材料力学

    学科専門基礎科目の一つで、荷重の負荷による材料の変形や破損などの原理を学びます。クラスを2つに分けて少人数による授業を行い、学生自らも理論や計算方法などを考えて理解を進める、対話型講義を実施しています。

    宇宙航空理工学実験A・B

    宇宙航空理工学実験A・B

    小グループによる学生実験を実施。風洞を使用した流体の実験、材料の強度・加工に関する実験、電気・電子・情報系の実験など、全学生が全テーマに取り組み、講義で学ぶ理論を検証するとともに、装置の使用法やレポート執筆法を修得します。

    CAD・CATIA

    CAD・CATIA

    4月~航空宇宙産業や自動車産業で標準的に使われている3DCADソフトCATIAの使用方法を修得します。国内の大学では最大級となる1学年全員が一斉に演習できる環境を備え、1人1台使用して加工設計や構造のシミュレーションなども行います。

    03学科の特長

    最新設備が充実した実験棟

    高速風洞実験装置

    高速風洞実験装置
    ロケットが発射する際に、エンジンから噴出させるガスと同じ程度となる、音速の2~3倍もの速さで空気を送り出し、目に見えない衝撃波や圧縮波を特殊な方法で撮影し、観察します。

    回流型低速風洞実験装置
    飛行機がゆっくり飛んでいる状態に近い、秒速60メートルの速さで空気を送り出しながら、翼・機体にかかる力や流れの様子を観測できます。~3倍もの速さで空気を送り出し、目に見えない衝撃波や圧縮波を特殊な方法で撮影し、観察します。

    電気推進実験用プラズマ装置

    電気推進実験用プラズマ装置
    惑星探査機や人工衛星で利用が進んでいる電気推進機の研究用装置です。宇宙環境を模擬した真空容器内でプラズマを生成・噴射して推力を得ます。卒業研究や学生実験で使用して、現象の理解を深めます。

    材料・構造試験装置
    材料や構造の特性を測定するため、引張・曲げ・疲労・振動・衝撃などの各種試験を行います。炭素繊維強化プラスチックを製作する設備もあります。顕微鏡で材料の表面や断面の観察も行います。

    フライトシミュレーター

    フライトシミュレーター
    飛行中の姿勢も模擬される稼働装を持つフライトシミュレーターです機械と情報分野を融合した研究利用されています。

    電子回路・制御実験装置
    宇宙機や航空機に欠かせない電子回路やモータ制御について、仕組みや電流の流れ、電圧のコントロール技術などを学びます。

    情報処理実験施設
    プログラミングや電子制御・画像計測などについて学び、次世代の宇宙・航空機で必要となるソフトウエアについて理解を深めます。

    研究室紹介

    海老沼 拓史研究室

    海老沼 拓史研究室

    人工衛星のナビゲーション最先端の超小型GPSを開発。

    2019年1月にロケットで打ち上げられたJAXA 革新的衛星技術実証1号機や、民間の観測ロケットMOMOにも搭載された最先端の宇宙用超小型GPS受信機の開発や、GPS信号の安全性について研究しています。

    本多 潔研究室

    本多 潔研究室

    衛星やドローンから取得した空間情報を駆使して、スマート農業を実現。

    目的を持って意欲的にチャレンジする学生に対して中日大学が支援を行なっています。学部・学科の枠を越えた活動で刺激し合い、人間力を培うことを目的としています。

    棚橋 美治研究室

    棚橋 美治研究室

    ドローンをさらに進化させる空力特性に優れた機体形状を研究。

    「空の産業革命」とも言われ、各界から注目を集めるドローンについて、未だ達成されていない飛行時間や飛行距離、安定性の向上にむけて、空力特性に優れた機体形状の要素研究を行っています。