中部大学研修センター(恵那)

豊かな自然の中で 合宿やゼミナール

コンテンツメニュー

自然豊かなグリーンキャンパスで 思いきり青春をぶつけてみませんか

中部大学研修センターは、岐阜県恵那市JR武並駅南に位置し、広さ約34万平方メートル、高低差60メートルの丘陵地にあります。自然林を十分に残した敷地には、研修施設や運動施設が備えられ、新入生オリエンテーションである恵那研修を始めとし、学生や教職員の研修、ゼミナール、クラブ合宿など、様々な活動が行われています。

概要

中部大学研修センターは、木曽路の入口、標高2,190メートルの名峰恵那山を仰ぐ恵那キャンパスの中心部にあります。

この校地は、1967(昭和42)年中部大学の第2キャンパスとして、中央本線武並駅前の丘陵地に設けられた約34万平方メートルの自然に恵まれた美しい緑のキャンパスです。

1976(昭和51)年4月に研修センターとして中央棟および第1宿泊棟が建設され、1987(昭和62)年4月に体育館、研修棟および第2宿泊棟、2009(平成21)年3月に第3宿泊棟が建設され、2010(平成22)年4月に研修棟が増築されました。

また、屋外運動施設としては総合グラウンド、野球場、テニスコート、ゴルフ場およびトリムコースがあります。

  • 研修センターでは、一度に約200人が宿泊して各種の研修を行うことができます。

利用案内

在学生の方

在学生対象の利用案内、書類等のダウンロードはこちらをご覧ください。

教職員専用

教職員対象の利用案内、書類等のダウンロードはこちらをご覧ください。

中部大学研修センター

岐阜県恵那市武並町竹折字西川原田985-1