こども大学

中部大学の多彩な学問領域から幼稚園・小学校・中学校の要望に応じたプログラムを提供

幼稚園や小・中学校の「総合的な学習の時間」を支援するために、アカデミックな内容を子どもたちが興味を持って学べるようにアレンジして提供します。内容によっては本学教員を貴校へ派遣することも可能です。

「こども大学」とは

幼稚園や小・中学校の「総合的な学習の時間」を支援するために、アカデミックな内容を子どもたちが興味を持って学べるようにアレンジして提供します。内容によっては本学教員を貴校へ派遣することも可能です。

  • 高等学校へ本学教職員を派遣して講義や大学紹介を行う「講師派遣」については、入学センター(Eメール:koho@chubu.ac.jp)へお問い合わせください。

お問い合わせから実施まで

  1. 地域連携センター(生涯学習担当)あてに内容、実施時期、場所(貴校または本学)、対象人数等についてご連絡のうえ、実施の可能性についてご相談ください。
  2. 地域連携センターが学内関係各所と調整し、実施の可否を決定し、連絡します。
  3. 実施します。

こども大学の例

A小学校

目的
「総合的な学習の時間」を利用し、半日大学体験を実施

内容
低学年はスタンプラリー。学内の各所に小学校の先生や大学職員などを配し、児童はキャンパスを回りながら先生や職員がいる施設を見学し、スタンプをもらう。
高学年は研究施設などのキャンパス見学をグループごとに行い、ミニ講義でアカデミックな体験をする。

B中学校

目的
「総合的な学習の時間」を利用し、「SDGs」をテーマとした講演会を校内で実施

内容
中部大学よりSDGsを専門とする教員を派遣し、SDGsについてスライドやビデオなどで説明。テーマに関しては、各学校・園のご要望を伺ったうえで、適切な教員を派遣します。

子ども大学のお問い合わせ先

中部大学 地域連携センター(生涯学習担当)

487-8501 愛知県春日井市松本町1200
電話:0568-51-4392(直通)
ファックス:0568-51-1172
Eメール:ext@office.chubu.ac.jp