College of Contemporary Education College of Contemporary Education

College of Contemporary Education

現代教育学部

現代教育学部

未来を担う子どもたちを託せる教育実践力と人間性を備えた保育者・教育者を養成

次世代代教育、特に、家庭、学校、地域社会における教育の重要性を基本とし、次代を担う乳幼児、児童生徒の健全な育成を中心的課題として広く教育研究を行い、もって人格形成基盤を体系的に支援することができる優れた教育者、保育者を養成します。

お知らせ

    現代教育学部の特長

    子どもを取りまく環境は、日々目まぐるしく変わっています。それに合わせて教育の現場も変わってきています。しかし、子どもが成長していく過程は、時代や社会の変化を越えて、変わらない普遍性があります。まずは子どもの成長と発達の原理を学び、そのうえで変化する現実の子どもにいかに実践的にかかわるか、それを具体的に考えていかねばなりません。なかでも環境問題は人類の直面する地球的課題で、中部大学はESDの拠点大学です。本学部は持続可能な社会実現を見すえて、確かな理論と豊かな実践力をそなえた保育・教育の専門家を養成しています。

    幅広い教養と専門理論を学び、保育実習や教育実習など実習・演習を重視し、高い実践力の養成をはかっています。地域の学校に出向いたり、地域の子どもたちを招いたりする学生主体のアクティブなプログラムもあります。そうした学びを通して、保育所や認定こども園、幼稚園等で活躍する保育士・幼稚園教諭、小学校や中学校の多くの先生を送り出してきました。また、障がいのある子どもの必要とする特別な支援の方法を学び、子ども一人一人に寄り添うことができる教育の専門家養成に力を入れており、特別支援学校に職を得た卒業生も少なくありません。

    子どもは未来です。その未来を創るのが「教育」といういとなみです。私たちは、この「未来を創る」仕事に、誇りをもって取り組んでいます。

    現代教育学部の特色

    先生が単に「教える人」でよかった時代は、急速に過去のものになりつつあります。日本社会が近代化を遂げる中で、幼児教育・児童教育の専門家に期待される役割も大きく変化してきたのです。教育・保育の現場で、いま求められている先生とは、子どもと一緒に喜んだり驚いたり、ときには悲しんだりできる力を備え、「ともに歩んでくれている、いつも私を励ましてくれている」と子どもたちが感じることのできる先生です。

    現代教育学部はその名が示すとおり、現代社会が求める教育者・保育者を育てる学部として、2008年4月にスタートし、実践的な教育手法と充実した施設設備を整え、新しい教育の未来を切り開く気概に燃えた教授陣がみなさんを迎えます。

    基礎情報

    開設年2008(平成20)年
    取得可能な学位学士(教育学)

    入学定員

    合計幼児教育学科現代教育学科 現代教育専攻現代教育学科 中等教育国語数学専攻
    160人80人60人20人

    専任教員数

    教授准教授講師助手合計
    15人10人5人1人31人

    3つのポリシー

    「ディプロマ・ポリシー(DP)」「カリキュラム・ポリシー(CP)」「アドミッション・ポリシー(AP)」についてはこちらをご確認ください。

    入試情報

    中部大学の各学部入試情報はこちらからご覧ください。