人間力創成教育院長あいさつ

「あてになる人間」の育成をめざして

お知らせ

    環境やエネルギー、国際関係など、新しい深刻な社会的課題に私たちは直面しています。これからの高等教育には、専門分野の知識やその運用能力に加えて、これまで以上に広い視野から物事を判断し、柔軟に対応しつつ実践力に富む人間の育成が求められています。

    中部大学では、専門力と並ぶ大きな柱として、人間力の育成を教育の重点に置き、広い教養を有し、自立心と公益心に富み、実践力豊かで総合的な判断力と国際的視野を身につけ、社会的課題の解決に挑戦する人間の育成をめざしています。そのため、人間力創成教育院では、全学共通教育部に9つの教育プログラムを用意するとともに、SDGs教育環で持続可能な社会の担い手を育成するSDGs教育を行い、中部大学の特徴のワンキャンパスだから可能な学部横断・学年縦断の幅広い学びと学部専門教育と併せて人間力豊かな「あてになる人間」を育成することをめざしています。

    • 運営の方針(1)
      全ての教員は、学部学科教育と共に、全学共通教育および他学部の教育に相互に協力する。
      (新教育改革の概要(2011年)の「改革の方針」*を継承・発展させる)
      (新教育改革の概要(2011年)の「改革の方針」抜粋)
    • 運営の方針(2)
      専任教員を核とした責任ある教育体制の実現と、全学共通教育およびSDGs教育を展開する。

    人間力創成教育院長
    佐野 充

    学部・大学院