ブックシリーズ「アクタ(ACTA)」

お知らせ

    コンテンツメニュー

     平成15年から本学の教員の学術的メッセージを発信する場の一つとして、中部大学ブックシリーズ『ACTA』を発行することになりました。

     中部大学ブックシリーズ『ACTA』は、学術的、文化的価値の高い論考や講演などを選び、広く学内外に出版公開して、知の普及に務めることを目的に企画するものです。したがって、専門家向けの学術論文でなく、一般向けに著書の伝えたいメッセージが、専門の知識の上に立ちつつもわかりやすく伝わることが大切であり、読者に考えるヒントや新しい発見の糸口を与える内容であってほしいと願っています。

     また、このシリーズが文理を超えて多くの分野の相互理解を深める場となれば大変嬉しく思います。中部大学ブックシリーズ『Acta』が、読み応えのある双書となるよう、積極的投稿と支援をお願いします。

    学校法人中部大学理事長・中部大学総長
      飯吉 厚夫
     

    Vol.34 尾張伝説散歩

    Vol.34

    永田典子 著

    A5判67ページ
    定価: 本体800円+税
    発行: 中部大学
    発売:風媒社(2021年3月31日)
    ISBN:4-8331-4151-2

    目次

    • はじめに 
    • 福わらと福むしろ
        大歳の客
        死骸の黄金化
        来訪者歓待説話
    • 久太稲荷
        鹿島稲荷社の由来
        狐女房
        狐と稲荷信仰
        新田開発
        狐の田植
    • 犬御堂
        蛇に噛みつく忠犬
        猟師と犬
    • 山姥物語
        本宮山の山姥
        退治譚としての「山姥物語」
        異類婚姻譚としての「山姥物語」
        山姥の両義性
    • 妻神社
        道祖神信仰
        性神信仰
        兄妹相姦説話
    • やろか水
        「やろか水」と「入鹿切れ」
        木曽川と人々との闘い
        「白髭水」伝説
        災害の民間伝承
    • おわりに

    中部大学について