中部大学アセスメント・ポリシー(学修成果の評価の方針)

中部大学は、本学学部学生の学修成果を正確に把握・評価するとともに、3つのポリシー(ディプロマ・ポリシー[DP]、カリキュラム・ポリシー[CP]、アドミッション・ポリシー[AP])に基づいた教育成果の検証・改善を行うため、学修成果の評価の方針(アセスメント・ポリシー)を、次のとおり定めます。

評価方針

機関(大学全体)レベル、教育課程(学部・学科)レベル、科目(授業)レベルの各段階において、以下の評価指標を用い、総合的に評価する。

① 機関(大学全体)レベル
大学における活動全体を通した学修成果の達成状況を評価する。

② 教育課程(学部・学科)レベル
教育課程全体を通した学修成果の達成状況を評価する。

③ 科目(授業)レベル
科目ごとの学修成果の達成状況を評価する。

評価方法(評価指標)

    入学前・入学時
(AP検証)
在学中
(CP検証)
卒業時・卒業後
(DP検証)
機関
(大学全体)
レベル
・入学試験
・調査書
・面接・志望理由書
・新入生アンケート
・単位修得状況
・学生アンケート
・アセスメントテスト
・休学・退学・除籍率
・学位取得状況
・大学院進学率
・就職率
・卒業生アンケート
教育課程
(学部・学科)
レベル
・入学試験
・調査書
・面接・志望理由書
・新入生アンケート
・単位修得状況
・学生アンケート
・アセスメントテスト
・休学・退学・除籍率
・進級率
・GPA
・卒業論文・卒業制作
・学位取得状況
・卒業率
・大学院進学率
・就職率
・GPA
・資格取得状況
・卒業生アンケート
科目
(授業)
レベル
・フレッシュマンテスト
(プレイスメントテスト)
・成績評価
・学生による授業評価