2021年度 中部大学教育活動顕彰授賞式

5人の教員に教育活動金虎賞、11人の教員に教育活動優秀賞、 1人の教員に教育活動特別賞が授与されました

お知らせ

    2021年度 中部大学 教育活動顕彰授賞式
    受賞者記念写真

    2008年度に制定された「教育活動顕彰制度」のもと、2021年度教育活動金虎賞5人および教育活動優秀賞11人、教育活動特別賞1人がこのほど決定し、授賞式が2022年8月4日13時30分から中会議室(2号館2階)で開催されました。竹内芳美学長、花井忠征副学長・教育活動顕彰審査選考委員会委員長をはじめ、学部長ら約40人が出席しました。
    授賞式では、竹内学長から受賞者にお祝いと激励のあいさつがあり、教育活動金虎賞(通算4回目の優秀賞受賞者に授与)をはじめ、一人一人に記念の楯が贈られました。
    続いて、中部大学後援会の大西信之事務局長から「教育活動の改善に取り組んでいる先生方に対し、後援会から教育活動振興支援金をお贈りすることができることは、大変貴重な機会と捉えている。受賞された先生方に、FD活動等を通して授業改善に取り組んでいただく先生方を増やしていただき、全教員が金虎賞を持っている形になれば、中部大学の教育力が社会的により一層評価されるのではないかと思います。本日は誠におめでとうございました。」とお祝いの言葉をいただき、後援会から受賞者に教育活動振興支援金が贈呈されました。
    また、花井教育活動顕彰審査選考委員会委員長からもお祝いの言葉があり、その後、教育活動金虎賞を受賞された寺澤朝子教授(経営情報学部経営総合学科)および教育活動優秀賞受賞者を代表して坂本渉教授(工学部応用化学科)があいさつを行いました。

    中部大学について