長期履修学生制度

お知らせ

    「長期履修学生制度」とは、職業等に従事しながら大学等で学ぶことを希望する学生の学修機会を一層拡大する観点から、個人の事情に応じて柔軟に修業年限を超えて履修を行い、所定の単位修得等の要件を満たして修了することにより、学位取得が可能となる制度です。

    対象者

    本学大学院を受験する者のうち、職業を有しているなどの事情により、標準修業年限[博士前期(修士)課程:2年、博士後期課程:3年]で履修することが困難な者で、標準修業年限を超えて一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修し、修了することを希望する者を対象としています。

    長期履修の期間

    長期履修学生が履修できる最長年限は、1年を単位とし、博士前期(修士)課程は4年、博士後期課程は6年とします。

    • 長期履修を許可された者の履修期間は、原則として変更できません。

    申請手続

    「長期履修学生制度」の適用を志望する場合は、出願時に以下の書類を提出してください。

    1. 長期履修学生申請書
    2. 在職証明書(職業を有する者に限る)
    3. その他必要と認められる書類
    • 出願後は、「長期履修学生制度」の申請はできませんので、ご注意ください。

    審査

    研究科が定める方法(面接等)により入学試験時に審査します。

    (参考)長期履修学生学費一覧表

    入試情報