English Training in the Philippines English Training in the Philippines

English Training in the Philippines

大学院進学者英語短期研修

フィリピン・CPILS

英語ができる大学院生になる!

中部大学大学院に進学する中部大生のための海外英語短期研修。研修校は英語集中教育で定評のある CPILS(フィリピン・セブ島)。海外での学会発表を想定した英語でのプレゼンテーションとディスカッション能力の向上を目指した授業です。
約32万円の研修費用のうち、20万円が奨学金として支給されますので、実質約12万円で参加できます。

お知らせ

    ※2020年度以降は新型コロナウイルス感染症の影響で代替プログラムを提供しています。

    募集時期

    6月中旬 、10月中旬

    対象

    本学学部4年生で、各研究科の実施する大学院入学試験(6月試験または10月試験)に合格し、入学手続きを終えた者のうち、各研究科の推薦する者(全学で最大20名)

    募集人数

    20 名(最少催行人数6 名)

    研修期間

    2月下旬の日曜日から3月中旬の土曜日の3週間

    研修地

    フィリピン・セブ島

    研修費用

    約32万円

    費用に含まれる主なもの:
    授業料(全105コマ=84時間)、教材費、滞在費、食費(1日3食)、現地空港送迎、週末アクティビティ(2日)

    費用に含まれない主なもの:
    国内空港使用料(約3,000円)、海外空港使用税(約2,000円)、燃油サーチャージ(約7,000円)、観光旅客税(1,000円)、海外旅行保険料(約15,000円)、滞在先の光熱費(約3,000円)、研修前後のCASEC 受験料(2回)(4,620円:1回2,310円)、ほか

    奨学金

    200,000円 (給付型・返却不要)

    滞在先

    CPILS学生寮(3人1部屋 ※他国の留学生と同室の予定)

    CPILS・マンツーマンレッスン
    マンツーマンレッスン
    CPILS

    研修校

    CPILS(シピルス): Center for Premier International Language Studies

    研修のポイント

    • 安価な研修費用でしっかりと学べる
    • マンツーマンレッスンを中心とした英語研修
    • 2001年設立、セブ島初の英語研修学校CPILSで受講
    • 研修校はTOEICの公式試験会場に認定
    • 研修校には日本人スタッフが常駐
    • 滞在は安心の語学学校内にある学生寮(食事・清掃洗濯サービス付き)
    • 英語教育の経験豊かなフィリピン人講師と英国人などのネイティブ講師が授業を担当
    • ヨーロッパやロシアからの留学生も受講しているインターナショナルな雰囲気
    • 週末には日本人スタッフが同行する週末アクティビティを実施

    研修内容

    授業は英会話上達の効果を最大限に高める混合形式のレッスンから成り立っており、受講者の弱点を克服する事に焦点をあてた組織化された様々なカリキュラムを取り入れて授業が行われます。英語の4技能(読む、書く、聞く、話す)に加え文法、読解力、
    作文などの弱点を集中的に学習して短期間でも可能な限り効果を導き出します。

    マンツーマンレッスン(1日3コマ: フィリピン人講師)

    英語が全く話せない人や英語学習者にとって効率的で理想的な授業方式です。自分の弱点や克服したい部分を重点的に学習し、短期間で高い効果を得ることができます。プレゼンテーションやディスカッションの学習も行います。

    グループレッスン(1日2コマ: 4名クラス: フィリピン人講師)

    同レベルの受講者4 人に対し講師1 名が担当します。与えられた課題に学生同士での共同作業やディスカッションが求められ、お互いに理解を深め英語力を高める学習を実施します。

    グループレッスン(1日2コマ: 8名クラス: ネイティブ講師)

    同レベルの受講者8 人に対してイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの英語圏出身の講師1 名が授業を担当します。英語圏講師の発音や独自の表現を学ぶことができます。

    ハイレベルな講師

    講師陣はそれぞれの国のESL教育分野で認められたアメリカ、カナダ等のネイティブスピーカーと、英語を母国語のように駆使するフィリピンの英会話講師で構成されています。CPILS独自の講師教育機関ETGプログラムを毎週受講し、外国人へ英語を教える方法を常に向上させ、これまでに多くの日本人を指導してきた経験豊富な講師が多く在籍しています。

    万全のサポート体制と学内環境

    CPILSには日本人スタッフや海外で看護師を行っていたスタッフも勤務しています。健康面では、セブ中心にあるセブドクターズ病院と提携しており、週に1 回検診(無料)に来ています。教室や学生寮、カフェテリアの他、プール、インターネットルーム、自習室、視聴覚室、ジム、売店なども完備しています。学生寮の各部屋にはベッド、机、クローゼット、バスルーム、エアコンが備え付けられています。

    1日のスケジュール(予定)

     7時00分~8時00分朝食
    1限8時00分~8時50分マンツーマンレッスン
    2限9時00分~9時50分マンツーマンレッスン
    3限10時00分~10時50分マンツーマンレッスン
    4限11時00分~11時50分休憩 (自習)
     11時50分~12時50分昼食
    5限12時50分~13時40分グループレッスン(4名)
    6限13時50分~14時40分グループレッスン(4名)
    7限14時50分~15時40分グループレッスン(8名)
    8限15時50分~16時40分グループレッスン(8名)
    9限16時50分~17時40分自習
     17時40分~18時40分夕食
    • 月曜日~木曜日は1コマ50分、金曜日は1コマ40分となります。

    お問い合わせ先

    国際センター (キャンパスプラザ2階)
    電話: 0568-51-4694
    E-mail: cip-o@office.chubu.ac.jp