教育研究上の目的 大学院生命健康科学研究科

お知らせ

    生命健康科学研究科 生命科学に立脚して人間の健康を、保健・衛生学、医学、看護学、医療技術学、工学、農学、理学、薬学の学識・技術を集学的に組み入れて、特に21世紀型の疾患に対する「予防」と「QOL向上」に焦点を絞って追求することを教育研究の基本理念とし、この基本理念のもとで課題の解決に当たる総合力豊かな実践的な教育・研究・技術者/高度専門職業人および医療人を育成することを目的とする。
    生命医科学専攻 広範囲の学問領域(保健・衛生学、医学、看護学、工学、農学、理学)の複合領域として先端のバイオ技術と医用工学技術を駆使し、科学的根拠に立脚した「予防」の為の新規の方策を看護学専攻とも連携共同して追求するとともに、これらの専門性を基盤で支える学際的で幅広い総合力を育成することを通じて、健康社会実現を推進する実践的かつ指導的な教育・研究・技術者/高度専門職業人を育成する。本専攻における教育研究は、次の3領域を主要な分野として行うが、それぞれの領域を共有する教育研究を積極的に進めて行く。
    1. バイオサイエンス・バイオ技術を深く学び、バイオ技術を駆使して生命医科学、創薬科学および分子病態学の関わる分野を、生命倫理や社会倫理の涵養を含めて教育研究する基盤病態医科学領域
    2. 環境衛生学、免疫学や感染症制御学に関わる分野を、ESD(持続可能な発展の為の教育)の精神を踏まえ、科学的根拠に立脚した予防学の確立を目指して教育研究する環境予防医科学領域
    3. 生命医科学、医療技術学と医用工学の成果を新しい医療の開発に直結させ、健康増進を目指した新しい研究分野を、医の倫理の涵養を含めて教育研究する生命医用技術学領域
    看護学専攻 少子高齢社会における医療の諸問題を「予防」と「QOL向上」の視点で捉えて看護学に関する学術の理論および科学的思考力、研究能力、実践能力を備えた指導的な役割を果たすことができる特定領域看護学の研究・教育・EBN実践者および高度看護専門職としての看護管理者/組織リーダーを育成する。
    本専攻における教育研究は、次の3領域を主要な分野として進める。
    1. 総合看護学領域:看護教育制度、災害看護、看護倫理等にかかわる課題を教育研究する看護学教育分野、組織のリーダーとして看護の質向上並びに組織の活性化を目指した課題を教育研究する看護管理学分野で構成する。
    2. 生活支援看護学領域:この領域は3つの分野からなり、それぞれが、現代の医療・看護の問題を「予防」「QOL」の視点で捉えて教育研究を進める。3つの分野は、施設・在宅で療養する成人・高齢者および家族の支援に関わる課題を教育研究する療養支援看護学、病院・地域における精神障害者と家族の支援に関わる課題を教育研究する精神看護学分野、地域の健康問題並びに地域ケアシステム、産業保健に関する健康問題を教育研究する地域保健看護学分野とで構成する。
    3. 発達看護学領域:慢性疾患をもつ小児のQOLの向上、療養生活を支える看護、家族への支援に関わる課題を教育研究する小児看護学分野、女性のQOLの向上、家族のリプロダクティブ・ヘルス・ケアを支援する看護に関わる課題を教育研究する母性看護学分野で構成する。
    リハビリテーション学専攻 複雑化、高度化した保健・医療の現場で的確に対応できる幅広い高度な専門知識・技術を持ち、科学的な根拠に基づく「QOL向上」「予防重視」「健康増進」「疾病からの回復」の視点を踏まえたリハビリテーション医療を牽引できる高い専門性と総合力を備えた質の高い高度専門職(理学療法士および作業療法士)を育成する。 本専攻における教育研究は、次の2領域を主な分野として行う。
    1. リハビリテーション基礎学領域:リハビリテーションの科学的基盤(特に痛みと生体反応)に関する分野で構成する。
    2. リハビリテーション療法学領域・高度で実践的な理学療法学・作業療法学等に係るリハビリテーションの療法に関する分野で構成する。
    保健医療学専攻 人間の健康の保持・増進と疾病・障害予防等の高度な専門知識・技術を持ち、科学的・医学的な根拠に基づく健康運動を適切かつ安全に活用して、「一次予防」「QOLの向上」「健康増進」を実践できる高い専門性と総合性を備えた質の高い高度専門職(救急救命士、健康管理士等)を育成する。本専攻における教育研究は、次の2領域を主な分野として行う。
    1. 救急医療学領域:救急医療、地域保健医療に関する分野で構成する。
    2. 健康増進学領域:身体機能、健康運動に関する分野で構成する。