教育研究上の目的 大学院教育学研究科

教育学研究科 教育学・保育学、教育心理学、教科教育学を基礎とする複合的な学術領域における次世代教育等の教育研究を行うことを基本理念とし、主に幼児期・児童期における人格形成基盤を体系的に支援することのできる高度な専門的知識・能力を持つ教育・研究者/高度専門職業人を育成することを目的とする。
教育学専攻 教育学・保育学、教育心理学、教科教育学の領域を主要な分野として、「次世代育成」とりわけ幼児期・児童期における人格形成基盤を体系的に支援する教育学の専門領域における教育・研究者を目指す高度な教育専門職・教育学に関する学術の理論、研究能力、実践能力を備え、保育や教育の領域で指導的な役割を果たすことができる高度専門職業人を養成することを目的とする。本専攻における教育研究は、次の3領域を主要な分野として行うが、主として基幹科目で研究能力を、専門科目で実践能力を養成することを目的とする。
1. 教育学・保育学領域: 教育方法学、教育史学、幼児教育学の基幹科目で学術的な研究能力を修得し、専門科目の教育史学と黒んで学級経営実践し、学校教育学と黒んでスクールマネジメント、比較幼児教育特論で世界の幼児教育、保育学特論で保育実践等の実践能力を修得する。
2. 教育心理学領域: 教育心理学、発達心理学、障害者(児)心理学の基幹科目で学術的な研究能力を修得し、専門科目の教育心理学研究方と黒んでデータ解析の基礎、社会心理学特論で調査法・実験法、教育相談学特論でカウンセリングマインド、異文化心理学特論で異文化理解等の実践能力を修得する。
3. 教科教育学領域: 社会科教育学、算数・数学教育学、体育・健康教育学、国語教育学、科学教育の基幹科目で学術的な研究能力を修得し、専門科目の特別支援教育特論で障害児教育の実践的資質、教育マネジメント特論で地域との連携法やカリキュラム編成力、発達障害児支援特論で発達支援力等の実践能力を修得する。