奨学金制度

中部大学の奨学金

中部大学では独自の奨学金制度を設けており、採用されれば奨学金の貸与および給付を受けることができます。

奨学金名称種類金額募集期間対象採用人数条件等
育英奨学生給付30万円4月1年2年次以上各学年80名以内成績、人物とも優秀な学生
スポーツ・文化活動奨励奨学生給付10万円単位で学費相当額まで4月1年2年次以上
または大学院に在学している学生
20名以内スポーツおよび文化活動等で優れた成績をあげた学生
自薦・他薦ともに可
同窓会育英奨学生給付10万円5月1年2年次以上200名以内成績、人物とも優秀な学生
貸費奨学生貸与20万円以上、10万円単位で学費相当額まで4月
9月
1年1年次秋学期以降毎年度はじめに大学が定める人数成績が一定基準以上の者で、家計支持者の倒産、離職等で家計が急変した場合に選考
在学中は無利息、卒業後は10年以内に返還(有利子)
特別貸費奨学生貸与30万円4月1年3年次以上50名以内3・4年次成績上位15パーセント以内で本学大学院進学希望の学生より選考
本学大学院博士前期課程を修了し、修士号を取得した学生は返還免除
返済の場合は貸費奨学生と同条件
教育振興資金奨学生貸与30万円4月
9月
1年4年次15名以内主たる家計支持者の失職等による家計急変により、経済上学費支弁が困難となった者で、人物に優れている学生のうちから選考
本学を卒業し、学士の学位を取得した学生は返還免除
返還の場合は貸費奨学生と同条件
同窓会リーダー育成 地域連携住居入居者育成支援金給付6万円10月1年1年次秋学期以降予算の範囲内高蔵寺ニュータウンの地域連携住居に入居し、募集開始時期から過去1年間の地域貢献活動参加回数が3回以上あるもの
同窓会リーダー育成 1人暮らし応援支援金給付6万円10月1年1年次秋学期以降予算の範囲内実家が遠方にあり、親元を離れ、春日井市内に3カ月以上継続して一人暮らしをしている本学学部学生

中部大学大学院の奨学金

中部大学大学院では独自の奨学金制度を設けています。

奨学金名称種類金額募集期間対象年次採用人数対象等
大学院貸費奨学生貸与学費相当額4月1年大学院に在籍している学生毎年度はじめに大学が定める人数経済上学費の支払いが困難になり、かつ日本学生支援機構奨学生に採用されなかった人

日本学生支援機構の奨学金

日本学生支援機構の奨学金制度は勉学に励む意欲があり、またそれにふさわしい能力を持った学生が経済的理由により修学をあきらめることのないよう支援することを目的として国が実施する制度です。
貸与期間は標準修業年限内です。

貸与金額

対象奨学金名称募集貸与金額備考
学部生第一種
(無利子)
春(4月)
秋(9月~10月)
自宅外通学 2万、3万、4万、5万、6万4千円の中から選択
自宅通学 2万、3万、4万、5万4千円の中から選択
貸与修了後に返還
第二種
(有利子)
2万から12万円までの間で1万円単位で
大学院生第一種
(無利子)
修士・博士前期 5万、8万8千円の中から選択
博士後期 8万、12万2千円の中から選択
第二種
(有利子)
5万、8万、10万、13万、15万円の中から選択
  • 学部生対象の第一種奨学金貸与月額2万、4万、5万については、入学年度により選択できない場合があります。