Center of Applied Superconductivity and Sustainable Energy Research Center of Applied Superconductivity and Sustainable Energy Research

Center of Applied Superconductivity and Sustainable Energy Research

超伝導・持続可能エネルギー研究センター

超伝導・持続可能エネルギー研究センター

新エネルギーの技術開発と超伝導直流送電システムの研究開発を推進

高温超伝導ケーブルを用いる直流電流の送電とその関連技術の研究開発を行い、エネルギー資源を有効に利用するシステムを構築して社会実装し、持続可能な社会の発展に寄与することを目指します。

超伝導・持続可能エネルギー研究センターとは

超伝導・持続可能エネルギー研究センターは、新エネルギーの技術開発および超伝導直流送電システムの研究開発を推進し、新規事業の開発及び当該分野における人材の養成を図り、地域産業の活性化に寄与することを目的として2008年6月、株式会社ナノオプトニクス研究所(代表取締役所長 藤原 洋 氏)の寄附により設立されました。

当センターは、この目的を達成するため、次に掲げる事業を行っています。

  1. 新エネルギーの技術開発
  2. 超伝導直流送電システムの研究開発
  3. 国内外の研究機関、民間企業等との共同研究
  4. 研究成果の学内外への発信
  5. その他、センターの目的達成に必要な事

メンバー

研究者研究課題
筑本 知子超伝導・持続可能エネルギー研究センター副 センター長超伝導送電システムの実用化及び関連材料の研究開発
井上 徳之超伝導・持続可能エネルギー研究センター 教授超伝導直流送電システムの研究開発とサイエンスコミュニケーション
渡邉 裕文超伝導・持続可能エネルギー研究センター 教授超伝導直流送電システム・低温工学研究
イワノフ ユーリ超伝導・持続可能エネルギー研究センター 教授超伝導直流送電システムの冷却循環系の研究
山口 作太郎超伝導・持続可能エネルギー研究センター 特任教授直流超伝導送電システムの研究開発と新エネルギーシステムの実用化研究
神田 昌枝超伝導・持続可能エネルギー研究センター/工学部 宇宙航空理工学科 准教授超伝導直流送電システム・複合材料の研究開発

技術顧問:高野 廣久、奥野 清

文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

平成23年度~平成27年度文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業研究成果報告書
「低炭素化社会のための超伝導直流送配電システムの研究開発」